お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

女性が本命の男性にしかしない行動

ファナティック

本命の男性とそうじゃない男性とで、しっかり態度を変える女性は、少なくないと思います。本当に好きな人だからこそ、言動が特別なものになってしまうんですよね。そこで今回は大人の女性たちに、本命の男性にしかしないことについて聞いてみました。

<本命の男性にしかしないこと>

■思い切り甘えちゃう

・「本命だけには、甘えてワガママを言ってしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「お酒を飲んだときに酔っぱらえる。本命以外には気を許せないらしく、酔いそうでもそんなそぶりは見せない」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「甘えること全般」(33歳/生保・損保/営業職)

・「『なでて』ってお願いする」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

甘えるということは、心をひらいているということ。本当に好きな相手なら、なぜだか心をひらいて接してしまいますよね。

■メール無精、既読無視なんてとんでもない!

・「自分から連絡を取る、メールや電話をかける」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「メールにまめに返信する」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「メールの返事がやさしい」(33歳/建設・土木/技術職)

・「LINEやメールでのハートマーク」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

好きな人には常に自分へ意識を向けていてもらいたいもの。直接会えないときは、できるだけまめに連絡を取って、彼に自分のことを意識する時間を作ってもらいたいと思ってしまいますよね。

■2人きりで

・「自分からデートに誘う。好きじゃないと、自分からは提案しない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「会いたいと言う」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「2人で飲みに行きたいと伝える」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「2人で出かけたい場所を提案する」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

好きでもない人と2人きりの時間を過ごすことは、特別な理由がない限りあまりないですよね。でも、それが好きな人ならば話は別。できるだけ2人きりの時間を過ごすため、大胆なこともしちゃいますよね。

<まとめ>

女性たちが本命男性にしかしないことがいろいろとあがりましたが、みなさんもこういう言動を取っていることがありませんか? 男性は、女性が思う以上に鈍感なところがあるもの。自分の気持ちが伝わっていない気がする人は、もっとわかりやすくアピールして彼の心を刺激してみましょう! 「もしかして、この子俺のこと……」なんてドキドキさせることができたら、恋のゴールは目前かも!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]