お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子ウケ最悪~ ウザ子のよくやる行動「無知を装う」「マウンティング好き」

ファナティック

ほにゃ?男性から見ると「かわいいな」と思える女性の仕草や言動も、同性から見ると「何狙ってんの?」と冷ややかな目で見られてしまうことも。同性だからこそ感じ取れてしまう媚や甘えというものがあるのかもしれませんね。今回は、同性目線で「見ていてイラッとする」女性の特徴について聞いてみました。

■ぶりっこ

・「ぶりっこ。グラスを両手で持ってお酒を飲んだり、ごはんを食べるとき小刻みに頭を動かしているのを見るとこの上なくイラッとする」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「無知を装うこと。『私わかんな~い』とか言われると、それぐらい知ってるだろと思ってしまうから」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「すぐ泣く。弱さに訴えれば同情して許してもらえると思うところ」(33歳/医療・福祉/専門職)

何をしていても「ぶりっこ」と言いたくなるわざとらしい仕草、何も知らない振りをすることがかわいいと思っていることが許せないという女性もいるようです。叱られたときや自分の思い通りにならないときには、涙を流せば同乗して許してもらえるという態度にもイライラしてしまうみたいですね。

■自慢や言い訳が多い

・「言い訳が多い。親のせいとか人のせいに何でもする」(29歳/その他/その他)

・「自分の彼氏をひたすら自慢してくる女性。『かっこいいでしょ?』と何度も聞かれても、さしてかっこよくなくても『そうだね』くらいしか返せない」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「自分の自慢が多い。すぐ張り合ってマウンティングしてくる」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

失敗したらすべて他人のせい。自分は何も悪くないという態度が嫌だという人も。自分が優位に立ちたいという態度がありありとわかる自慢話好きのマウンティング女子も話をしていると疲れてしまいそう。自慢も言い訳も裏を返せば自分に自信がない証拠と言えそうですが、それを認めずに虚勢を張っているのが許せないのでしょうか。

■相手や自分の気分で態度が変わる

・「自分の感情で仕事をしがちな人。気分のいいときは進んでしてくれるが機嫌の悪いとき明らかに態度に出る人」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「男の前だけ、かわいこぶる女。男の前では、口調や声の高さが違う」(24歳/食品・飲料/専門)

・「すぐ勝ち組だの負け組などと分けて、自分より勝ってる人のことは妬み、負けている人のことは見下す」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

自分の気分次第で仕事をする、男性の前では態度を変えるなど気分にムラがあるタイプが嫌いという女性も。人を「勝ち組」や「負け組」などと区別して、取り入ってみたり、バカにして見たりするような人は仕事でもプライベートでも全く信用のおけない人。一緒にいてイライラする気持ちもわかりますね。

「こういう人、いるよね」と言いたくなる女性ばかりですが、確かに身近にいたらイラッとすること間違いなしなタイプ。誰にでも自分を良く見せたくてぶりっこしてみたり、気分に左右されたりするという部分はありますが、余りにもあからさまにそれが見えてしまうと人をイラつかせる原因になるようです。「自分さえ良ければ」、「自分が一番」という気持ちが言動に見え隠れするというのが、見ている人をイヤな気分にさせるのでしょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数212件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]