お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

女性の働き方が多様化! 女性たちの仕事に対する意識調査

ファナティック

今の会社でずっと働き続けるとしたら、みなさんは「出世」をしたいと思いますか? 「出世欲」は男性にあると思われがちですが、最近では管理職を目指す女性も増えていますよね。今回は「仕事でどこまで登りつめたいか」について、働く女性のみなさんに聞いてみました。

■登りつめたくない!

・「登りつめたいと思わない。責任と給与は比例しないから」(32歳/不動産/専門職)

・「家庭を大切にしたいので、登りつめたくはない」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「管理職になりたくない。責任が重いのは困るから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

一番多かった回答が「登りつめたいと思わない」というもの。「責任と給与は比例しない」や「家庭を大切にしたい」「責任が重いのは困る」など、今の上司を見て「上にあがるのはちょっとね……」と思う女性が多いようです。

■管理職の手前まで

・「主任。プロジェクトリーダーくらいにはなりたい」(27歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「チーフくらい。職人じゃないけど極めたい」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「管理職の手前まで。自分にはそこまで技量がないので」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

主任やチーフなど「管理職の手前まで登りつめたい」という意見もありました。管理職ほど責任が重いわけでもなく、そこそこの主導権を握れるポジションとして人気なのかもしれません。「ちょっとだけ出世したい」という気持ちが表れているようです。

■管理職まで

・「管理職まで登りつめて、いい給料がほしい」(33歳/情報・IT/技術職)

・「課長。自分の裁量が増え、仕事がやりやすくなりそうだから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「部長。役員は株主総会で攻められるので」(30歳/通信/事務系専門職)

課長や部長などの「管理職まで登りつめたい」という声もありました。責任が重いぶん、年収は高くなるし、自分で仕事をうまくまわせる立場になるので「仕事がやりやすくなりそうだから」という人もいました。「やるからには上を目指したい!」という女性も中にはいるようです。

■取締役まで/フリーになりたい

・「取締役まで」(25歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「会社で登りつめなくていいので、フリーで仕事したい」(28歳/建設・土木/販売職・サービス系)

ほかには「取締役まで」という出世欲がバリバリある人や、会社で登りつめるのではなく「フリーで仕事したい」という人もいました。フリーで働くとなると個人事業主になるので、すべて自分の裁量で決められるのがいいところですよね。

働く女性の「出世欲」について聞いてみたところ、一番多かったのは「出世したくない!」という回答でした。プライベートや家庭を大事にしたいなど、出世したくない理由を聞いてみたら「なるほどな~」と思うものばかり。逆に、仕事を生きがいにしているタイプの人は、「管理職の手前まで」「管理職まで」、さらには「取締役まで」という野望を持っている人もいました。女性の働き方が多様化している今だからこそ、自分のライフプランに合った働き方をしたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]