お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

究極の選択!? 「緊急な残業」と「彼氏とのデート」、約8割の女子が優先するのは?

ファナティック

前々から彼とデートの約束をしていたあなた。でも、当日になって急な残業が入ってしまったら……。みなさんは、「残業」と「彼氏とのデート」、どちらを優先しますか? 働く女子のみなさんの本音を聞いてみました。

Q.「緊急な残業」と「彼氏とのデート」はどちらを優先しますか?

「緊急な残業」……76.7%
「彼氏とのデート」……23.3%

「緊急な残業」と答えた人が76.7%と、多くを占める結果に。両者を天秤にかけたとき、仕事を優先してしまい、仕方なく彼氏とのデートをキャンセルするという人が大多数のようです。では、気になるそれぞれの理由をくわしく聞いていきましょう。

<「緊急な残業」と答えた人の理由>

■デートはいつでもできる

・「彼氏は謝ってあとでフォローを入れればいいが、仕事は待ってくれないから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「デートは予定を変えられるし、残業は仕事だから仕方ないから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏は次の休みでもよいが、仕事は今しかないから」(29歳/自動車関連/技術職)

デートは埋め合わせができても仕事は今しかできないもの。それを考えると、申し訳ないけれど彼を後まわしにしてしまう女子が多いようです。

■仕事は生活に関わる

・「生活のためには仕事のほうが重要だから。大切な仕事を断って遊びに行っても楽しめない気がする」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「仕事の上で生活が成り立っているのは事実だから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「どうしてもの仕事は大事です。生活がかかっています。それをわかってくれない彼氏ならいりません」(27歳/自動車関連/営業職)

プライベートを優先してしまったらあとあと仕事がやっかいなことになるどころか、デート自体を楽しめないという意見も。お金を稼ぐのは生きていくために必要なことなので、仕方がないのかも。

■社会人としての責任がある

・「社会人として当然だと思う」(28歳/アパレル・繊維/営業職)

・「緊急な仕事を優先しないと、まわりに迷惑をかけるから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「断れる残業なら断るが、そうでないなら社会人として残業は仕方のないことだと思うから」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

社会人として、与えられた仕事には責任が生じるもの。よって、仕事を優先することは当然だと考える女子たちの意見もありました。

<「彼氏とのデート」と回答した人の理由>

■彼氏と予定を合わせるのは大変だから

・「彼氏と時間を合わせるのはなかなか難しいことなので、仮病を使ってでも彼氏とのデートに行く」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

前からずっと楽しみにしていた約束。忙しい中、日にちを合わせるなどの努力をしてきたのだからなんとしてでもデートを優先するという働く女子もいました。

■プライベートを大切にしたい

・「プライベート重視だから」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「彼氏とのデートじゃなくても予定が入っていれば緊急の残業なんて受けられないから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

いくら仕事が大切だとは言っても、あくまで一番重要なのはプライベートの時間。プライベートを充実させるために働いてお金を稼いでいるのであって、仕事を生活の中心にしたくないという意見もありました。

■彼とのデートは何ごとにも代えられない

・「仕事は自分でなくてもいいが、デートは代替ができないから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「彼との時間は何にも代えられない。残業は早起きしてなんとかする」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

彼氏と過ごす時間は何ごとにも代えがたいという女子たちの考えも。たとえそれが仕事であろうと、その強い意思は変わらないようです。

■まとめ

緊急性のある仕事ならば、社会人としての責任を果たすためにも優先すべきと考えている女子が多数派のよう。しかし、なかなか会えない彼との大事な時間をできれば優先したいと考える女子も少なからずいるようです。あなたはこんなとき、仕事をとりますか? それとも、彼との約束をとりますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]