お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トレンド 婚活

【結婚座談会】家族のカタチもそれぞれ……イマドキ男子が考える「幸せな結婚」とは?

岡井美絹子

東京で働くアラサー男女のリアルトーク炸裂の座談会を通じて、それぞれが理想とする結婚観を探るこの企画。結婚を意識しているのは女性だけではなかった!? 男性が結婚相手に求める条件や、幸せな結婚生活に必要なものとは? 1回目はアラサー男子の「理想の結婚年齢」、2回目は「結婚相手の条件」に焦点を当てました。今回は、マサカズさん(仮名・27歳)、ユウトさん(仮名・28歳)、マモルさん(仮名・28歳)それぞれが考える「幸せな結婚」について本音を明かしました。

マサカズさん (27歳/サービス業)彼女なし。結婚前提に付き合える人を募集中。
ユウトさん (28歳/大学職員)彼女なし。結婚に関しては進歩的な考え方の持ち主。
マモルさん (28歳/商社)彼女あり。今の彼女との結婚も視野に入れて順調に交際中。

■「幸せな結婚」のために大事にしたいコトは……?

ユウトさん(以下、敬称略) 結婚って、人生のパートナーになる人ですから、お互いの幸せのためには“自立していること”が重要だと思います。経済的にもそうですが、精神的にもしっかりしていてほしいですね。もしどちらかが倒れたり入院したりすることになっても、それぞれに自立した人間であれば支え合っていけると思うので。

マサカズさん(以下、敬称略) そうですよね。僕自身はすごく世話好きなタイプなんで、甘えてくれるのはうれしいです。でも、やっぱり精神的にはちゃんと自立していてほしいと思います。その上で何十年も一緒に暮らす人ですから、お互いへの“愛情”が不可欠だと思いますね。おじいちゃんおばあちゃんになっても仲のいい夫婦でいるのが理想です。

マモルさん(以下、敬称略) 僕は“笑顔”ですね。子どもの頃、両親がケンカしている姿を見るのは幼心にキツかったんです。ときにはケンカすることもあると思うけど、毎日笑顔で過ごせたら、幸せなんじゃないかな。

■家族のカタチはそれぞれ

ユウト あまり共感は得られないと思うんですけど……。今シェアハウスに住んでいることもあって、他人と暮らすことにまったく抵抗はないんですね。で、何組かの信頼できるカップルでコレクティブハウス(それぞれの家族の住居と共用スペースがある住まい)に暮らして、家事や育児を協力し合って暮らしていけたらなと思うんです。気が合う人同士で暮らすのは楽しいと思うし、育児も孤独にならないだろうし。そもそも僕自身、そんなに血縁関係にこだわっていないんですよ。子どももほしいと思っていますが、必ずしも自分の血のつながりがないとダメということもないです。

マモル かなり新しい考え方だと思うけど、いいですね。

マサカズ 考えてみたこともなかったですけど、家族の形も多様化してきているってことですね。今の時代、必ずしも男性が外で稼いで、女性が家庭を守る=幸せという方程式はないのかもしれないですね。

(岡井美絹子)

お役立ち情報[PR]