お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

やっぱり共働き? 子どもができても奥さんに働いてほしい男性⇒●%!

ファナティック

結婚して子どもができたら、できれば家事や育児に専念したいと思う女性も少なくないはず。では結婚相手となる男性は、子どもができたら女性に「働いてもらいたい」と「家庭に入ってほしい」のどちらを望んでいるのでしょうか? さっそく、社会人男性のみなさんに聞いてみました!

Q.子どもができても、奥さんには働いてほしいですか?

「はい」70.9%

「いいえ」29.1%

7割の男性が「はい」と回答しました。子どもができても家庭に入らず、働いてほしいと思っている男性が多いようです。それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「はい」と回答した人の意見>

■自分の稼ぎでは養えないから

・「自分の稼ぎだけでは食べていけない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ひとりで働いて養うのは大変だから、共働きでフォローしてほしい」(33歳/電機/技術職)

多かったのが「自分の稼ぎだけでは養えない」という意見でした。女性が専業主婦になってしまうと、男性が家族3人分の稼ぎをひとりで担うことになります。その負担が大きいと感じる人も多いようです。

■将来のために貯金したい

・「貯金をどんどん貯めたいので」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「子どもの養育費や老後のことを考えて」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

ほかには「貯金をどんどん貯めたい」「養育費や老後のことを考えて」という意見もありました。2人で働けば生活にも少し余裕が生まれるし、将来子どもにかかるお金や自分たちの老後のためにも貯金できますよね。

<「いいえ」と回答した人の意見>

■子どものそばにいてほしい

・「子どものためにそばにいてあげてほしい」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「母親が家にいないと子どもがかわいそうなので」(35歳/通信/事務系専門職)

「いいえ」と回答した人で多かったのは「子どものそばにいてほしい」という意見でした。子どもがまだ小さいうちは、特に母親である女性の存在が大きいですよね。保育園などに預けるにしてもお金がかかるので、家で母親がめんどうを見るほうが子どもにとってよさそうだと考える人もいるようです。

■家事をちゃんとこなしてほしい

・「家事をちゃんとしてほしいから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「家事全般をしっかりとこなせるのであれば働くのは賛成。全部をこなせないなら家庭に入ってほしい」(37歳/金融・証券/営業職)

ほかには「家事をちゃんとしてほしいから」という声もありました。共働きで家事や育児を分担せず、女性だけがやるのは大変すぎますよね。仕事と家事で分担したいという男性もいるようです。

「子どもができても奥さんには働いてほしい」と考える男性が圧倒的に多いることがわかりました。経済面での不安など理由はさまざまですが、女性にとってまだ小さな子どもを抱えながら働くのはかなり負担。将来、結婚して子どもができたとき、自分がどういう生活をしたいかを、今から考えておくといいかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数117件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]