お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子が考える男子校出身者の特徴「女子に夢見がち」「面倒見がいい」

ファナティック

男子校と聞いてみなさんは何をイメージしますか? イケメンぞろいの夢の園? 男くさくてむさくるしい教室? 男子校は、女子には足を踏み入れることのできない謎めいた世界ではありますが、男子校出身者に見られる特徴にはどんなものがあるのでしょうか。社会人の女性に聞いてみました。

■女慣れしていない

・「女性が苦手。ずっと接点がなかったから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「女性と接するときに緊張する。まだ免疫ができてないように思う」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

思春期に女性と接する機会が断絶されるために、女性の扱い方に慣れていない人が多いようです。女兄弟がいればいいのですが、身近に女性がいない場合は、社会人になってから免疫を付けるのも楽ではありません。

■女性に幻想を抱いている

・「女性に対する神聖意識が高い。普段女性と触れ合う機会がなかったから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「女子に夢を見がち。料理や片づけが得意なのが普通、と思っている」(32歳/その他/事務系専門職)

女性の現実を見ていない男子校出身者は、女性を神格化している場合があります。一発でその理想を打ち砕く自信があったにしても、初めのうちはあまり大きなショックを与えないよう、女性らしい立ち居振る舞いを心がけましょう。

■体育会系のノリ

・「体育会系のしゃべり方。上下関係が厳しかったように思われる」(37歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「面倒見が良い人。縦社会が学校でできてて後輩の面倒見は良いと思いつつ上にへつらう(?)感じの人が多い気がする」(32歳/不動産/専門職)

特に部活動に熱心に取り組んでいた男子校出身者に多いタイプです。言葉遣いがなっていないと言われがちな「○○っす」という話し方も、彼らにとっては年上の人に対する敬語なのです。学生時代に培った習慣はなかなか変えることができません。

■男同士の絆

・「友だちとの結びつきが強い、社会人になっても学生のころの友だちと仲がいい人が多いから」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「さばさばしていて、グループで行動する。仲間でワイワイやるイメージがあるから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

彼らにとっては「友だち」というよりは「仲間」という言葉のほうがしっくりくるかもしれません。同じ青春を一緒に生きた仲間の絆は、社会人になっても切れることはないでしょう。

男子校出身者特有の、ときにはむちゃと思える連帯感を大切にしたノリも、自己を犠牲にしても仲間を大切にするという精神の現れです。女子からすれば「またバカやってる……」とあきれてしまうこともありますが、それだけの絆を築けることは男子校出身者の魅力とも言えるでしょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数202件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]