お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いっぱい食べる君が好きだから! 52.2%の男性が「ダイエット中の女性と食事デートしたくない」!?

ファナティック

好きな男性のためにきれいになりたくてダイエットをしている女性も多いと思いますが、ダイエット中は食事制限が必要になることが多く、ストイックな食生活を送ることになります。今回は、ダイエット中の女性との食事デートについて、社会人の男性に聞いてみました。

Q.一緒に食事デートに行った女性がダイエットのためにあまり食べなかったら、つまらなかったり、悲しかったりしますか?
はい……52.2%
いいえ……47.8%

半数以上の男性が、ダイエットであまり食べない女性とのデートはつまらないと回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

【「はい」と回答した男性の意見】

一緒に食事を楽しみたい

・「一緒においしく食事ができたほうが楽しいのは楽しい。心配になる」(29歳/食品・飲料/営業職)

・「食事の同じ時間を共有できないような気になるから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

せっかく一緒に食事に来たのに「おいしいね」とも言い合えないことに寂しさを感じる男性も多いようです。彼の気持ちを考えると、ダイエット中でもデートのときくらいは解禁するべきかもしれませんね。

自分も遠慮がちになる

・「こちらも遠慮して満足に食べられないから」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分だけ盛り上がってるみたいでつまらないから」(26歳/農林・水産/技術職)

女性が少ししか食べないと、自分だけガツガツと食べられないと思う男性もいます。お腹が空いているのに思う存分食べられないのは苦痛以外の何物でもありません。

【「いいえ」と回答した男性の意見】

事前にわかっていればOK

・「自分も小食だから、それが事前に分かっていたら合わせる事ができる。店選びから配慮できれば、つまらないという感情にはならない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「可能な範囲で注文して残さなかったら、まぁいいと思う」(30歳/機械・精密機器/技術職)

ダイエットで食事を制限しているのなら、お店を選ぶ段階からそのことを彼に伝えておいた方がいいかも。事前にわかっていれば、ヘルシーな料理を提供するお店を選んだり、軽食で済ませるなど、ダイエット中でも楽しめるデートプランを立てることができます。

あまり食べなくても楽しめる

・「私は小食なのであまり一杯食べられると引け目を感じてしまうので、彼女があまり食べない方が気が楽だから」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「残った料理は食べてあげるので気にしない」(37歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

必ずしも男性だからといってたくさん食べるとは限りません。小食の女性の方が自分と合うという男性もいます。二人でシェアできる料理を選べば、食べ残すこともなく食事デートを楽しめますね。

女性にとってダイエットは永遠のテーマでもあります。もともと痩せ型の人以外は、生涯を通じてスリムな体型を維持することはとても難しいことなのです。ですが、ダイエットのことばかり考えていると、日々の生活を楽しめないシーンも出てくるでしょう。デートのときは彼が不快にならないよう、配慮することも大切です。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年9月にWebアンケート。有効回答数113件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE