お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

既婚女性が語る、結婚して彼が変わったところ8つ

ファナティック

結婚は良くも悪くも2人の関係に変化を来します。カップルから夫婦への変化は、2人にとってどのような影響を与えるのでしょうか。結婚後に彼に訪れた変化を、既婚女性に聞いてみました。

Q.結婚後、彼氏は夫になり、何か変わりましたか?

「はい」……21.7%

「いいえ」……78.3%

彼の変化を感じたという女性は2割を超えました。結婚によって彼はどんな変化を遂げたのでしょう。

責任感が増した

・「責任感が出たし、仕事に向かう姿勢も変わったと思う」(30歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「友達と飲みに行くことがかなり減った。気を使ってくれているのかも」(24歳/食品・飲料/専門職)

自分が一家の大黒柱という自覚を持つことで、責任感が増して自分本位の行動を取ることが少なくなります。幸せな家庭を守るために多少の犠牲は当たり前という結婚生活に対する覚悟があるのでしょう。

ときめきが消失

・「記念日のお花やプレゼントがなくなった。バレンタイン、誕生日、クリスマスなどお互いに贈りあっていたが、結婚して『そんなに毎回やらなくて良いよね=お金の無駄』という感じからケーキのみになり、少しさみしい」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「安心感からかぐだぐだになった」(30歳/生保・損保/営業職)

女性としては悲しい変化です。結婚した安心感と現実的な目線を持つようになったことで、記念日などの贈り物やイベントがなくなっていき、ときめきまで消失してしまう場合もあります。家族になってもときめきを持ち続けるのは想像以上に難しいようです。

亭主関白気味

・「彼の時代は積極的に家事を手伝ってくれていましたが、夫になってあまり手伝ってくれなくなりました」(26歳/医薬品・化粧品/営業職))

・「自分勝手になった」(28歳/医療・福祉/専門職)

すべての男性が自分を犠牲にして家族を守るという意志があるわけではありません。結婚したことで亭主関白的な思考が現れてしまう男性もいます。家事は女の仕事、自分は外で働いてきているから家では自由に過ごすのが夫婦の理想像である、という古臭い考えの男性も残念ながら少なくないのです。

優しくなった

・「性格的に丸くなった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「家事を積極的に手伝ってくれるようになった」(28歳/金融・証券/営業職)

一方で、結婚したことでトゲがなくなる男性も多いようです。昨今は、男性も家事や育児に参加すべきという考えを持っている人も多く、積極的に家の仕事を手伝う傾向にあります。この人と結婚してよかったと思える瞬間でもありますね。

結婚は男性にとっても女性にとっても精神的な変化をもたらします。人間として成長するチャンスでもあるのですが、独身時代よりもだらけたり横柄な態度を取るようになった場合は、そのチャンスを無駄にしていることになるでしょう。あまり目に余る態度であれば注意することも必要です。お互いに良い変化のできる結婚生活を送りたいですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数121件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE