お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

正直、面倒くさそう! 結婚したくない症候群の女子が結婚を躊躇する理由3つ

ファナティック

好きな人と結婚できたら幸せ。誰だってそう思って結婚を夢見るものですが、結婚は理想だけで成り立つものではなく面倒な「現実」もセットになっているもの。結婚した友だちを見ていると結婚も良いことばかりじゃないんだなと思うことってありませんか? 今回は、未婚女性が「結婚したら面倒そう」と思うことについて聞いてみました。

■お互いの実家との付き合い方

・「お盆や年末年始はどちらかの実家に行かなければいけないような気がすること。旅行とか行きたい」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「お互いの家族との交流など。煩わしさがあるかもしれないので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「互いの両親。介護が必要かどうかなど」(29歳/食品・飲料/クリエイティブ職)

・「嫁姑問題。親が大変そうだから」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

長期のお休みがあっても旅行に行くこともできず、お互いの実家に帰る。嫁姑問題でもめている。そんな話を聞くと結婚って面倒なのかもと思う女性は多いようです。結婚は二人だけの問題ではなく「家と家との結びつき」という考え方の強い家族がいると、その付き合いだけでも疲れてしまいそうな気がしますね。

■家事が大変そう

・「家事。休日の過ごし方が自由にできない」(27歳/情報・IT/技術職)

・「家事。共働きで全部やる羽目になったらと思うと踏み切れない」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「家事をやらなければならない事。今は実家で全て親がしてくれるから」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

一人暮らしをしていたらある程度の家事は自分でやるという習慣が身についていますが、それでも自分の気分次第で手抜きも可能。でも、結婚したら家事をほったらかすわけにいかないのでそれが負担になりそうだと思う女性も。ましてや実家暮らしで母親に全部やっている女性なら自分が家事をやるなんて「無理!」だと思うのでしょうね。

■自由がなくなる

・「自分だけで行動できない。いつも相手がいる上で判断が必要になること」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分の趣味にかけられる時間とお金について。独身時代のように自由にはできないから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「相手の事を考えて日々生活しなくちゃいけないところ。食事、帰宅時間、休日の過ごし方。子どもができればもっと制約が増える」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

結婚したら何をするにしても一人で決められなくなるというのが面倒だという女性もいます。お金の使い方や休日の過ごし方、働き方など今まで自分の思い通りにできていたことができなくなるというのはストレスがたまるかも。結婚後は、独身のときと同じように生活するのは難しいですもんね。

結婚はしたいと思うものの結婚生活の現実的な部分を考えると「面倒くさい」と思ってしまう女性は多いようです。全てのことを独身時代と同じようにしたいと思ったら結婚生活も上手くいかないので、いろいろな面で我慢が必要になります。頭の中では理解できていても「それを我慢してまで結婚しないとダメなの?」という気持ちになってしまうのも仕方のないこと。だからこそ、その気持ちを乗り越えられるほどステキな人に出会えたときが結婚のチャンスとも言えるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数176件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE