お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私のこだわりはココ! 女性がオススメする「入浴剤の選び方」4つ

ファナティック

仕事にプライベートに忙しい女性にとって、一日の終わりのバスタイムは疲れを癒してくれる時間ですよね。お風呂にゆっくり浸かっていると、その日の嫌なことも全部忘れてしまいそうになります。では働く女性のみなさんは、お風呂に入れる入浴剤についてどんなこだわりを持って選んでいるのでしょうか? さっそく聞いてみました!

■香り重視!

・「自分の好みの香りのする入浴剤を選ぶ。好きな香りは癒されると思うから」(32歳/不動産/専門職)

・「香りがよいこと。やっぱりお風呂はリラックスするところなので自分の好きな香りでゆったりするべきだと思うから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「匂いのお試しができるやつは嗅いでみたほうがいいと思う。自分の嫌いな香りだったら最悪なので」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

一番多かったのは「自分の好きな香りを選ぶ」という意見でした。バスタイムはリラックスできる時間なので、自分の好きな香りの入浴剤で癒されたいですよね。買う前に試せるなら、必ず香りをチェックするのも大事なポイントです。

■成分重視!

・「体が温まるものや保湿効果があるもの」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「保湿成分が入っているものを選んだほうが、お肌によさそう」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「発汗作用があるもの。血流がよくなる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お風呂に浸かると血行がよくなりますが、入浴剤でさらに発汗作用や保湿成分があるものなど「成分にこだわる」という意見もありました。ただでさえ体が温まるお風呂ですが、入浴剤の効果でデトックスしたり保湿ができたらうれしいですよね。

■口コミを重視!

・「友だちからの口コミを参考にする。入浴剤をよく使っている人に聞いて、はずれのないものを選ぶ」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「芸能人のブログを見て、オススメを探す」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「人からオススメを聞く。実際使った人の意見がいい」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「実際に入浴剤を使っている人の意見を参考にする」という意見もありました。香りの感じ方は人それぞれですが、実際に使ったことがある人に聞いたほうがよりわかりやすいですよね。オススメの入浴剤を教えあうのも楽しいひとときです。

■体にやさしい天然素材

・「香りが好みのもので、天然素材を使用しているもの」(28歳/情報・IT/営業職)

・「なるべく自然派のもの。肌にやさしいから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「やたらと着色料が入っていないものを選ぶ」(23歳/小売店/事務系専門職)

「天然素材」や「着色料が入ってない」など、体にやさしいものを重視する声も。入浴剤は色や香りも大事ですが、お風呂からあがったあとに肌荒れしたら嫌ですよね。自分の肌に合った入浴剤を選ぶためにも、成分はチェックしたほうがよさそうです。

女性のみなさんが入浴剤を選ぶときのこだわりは「自分の好きな香り」「発汗作用や保湿成分」「口コミ」「自然の素材」にポイントがあるようです。一日の中で一番リラックスできるバスタイムは、自分の好きな入浴剤で心もリフレッシュしたいですよね。入浴剤選びで迷ったら、これらのポイントを参考にしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE