お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

イラッときた他人の自慢話「オレ、芸能人と知り合いだから」「一晩寝てないんだよね」……

ファナティック

自慢話友だちや先輩、上司とおしゃべりをするとき、どうしても自慢話をしたがる人はいるもの。全部を間に受けるのはちょっと……と思いつつも歯止めが利かない自慢話にイラッとした経験は誰にでもあるのではないでしょうか。今回はそんなイラッとした自慢話について男性のみなさんに聞いてみました。

金持ち自慢

・「実家が金持ち」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「高そうな時計をしていた友人が、わざとらしく見せびらかしてきて、『高そうだね』と言ってあげたら、『そうでもない、重いだけ』と言ってきてイラッとした」(27歳/情報・IT/技術職)

・「お金持ちアピール。何でも買えてしまうからつまらないとか言われたときは、さすがに腹が立った」(32歳/情報・IT/技術職)

日々、まじめに働いてやりくりしている一般人にとって、お金持ちの日常トークはただの自慢話にしか聞こえないものです。いいなぁと思うところもありますが、やっぱり自分でしっかり稼いだお金が一番です!

モテ自慢

・「彼女自慢を延々されてうんざりした!」(26歳/農林・水産/技術職)

・「会うたびに彼女ができたという友だちがいる」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「女の子3人と同時に付き合ったという自慢」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

こないだ別れたと思ったらすぐに新しい彼氏や彼女がいたり、同時に何人と付き合っていると言われたり……。特に自分がフリーだとあまり露骨に自慢されるのはイラッときてしまうものです。

昔はこうだった自慢

・「昔の悪ぶっていたときの自慢。自慢にならないし」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「いかに自分は若いころ仕事ができて、私たちがダメなのかを比較して言われ続けたとき」(36歳/機械・精密機器/営業職)

過去の栄光自慢をするのは先輩や上司に多い印象ですが、その頃の事を誰も知らないのを良いことにかなり盛っている感があるとイライラせざるをえません。

芸能人と知り合い自慢

・「芸能人とクラスメートだった」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「芸能人と知り合い自慢がうっとうしい」(39歳/情報・IT/技術職)

どういうリアクションをしたらいいのかに困る芸能人と知り合い自慢。有名な人ならちょっとうそくさいですし、微妙な人なら誰だろう……となります。たとえ本当でもあまり人に触れ回らない方がいいかもしれませんね。

寝てない自慢

・「一晩寝てない」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「徹夜した。体に悪いことやっておきながら、なに言ってんだと思う」(32歳/商社・卸/営業職)

体力のある学生時代なら、夜更かしや徹夜をしても何とかなりますが、やはり体にはよくないものです。自慢げに「徹夜したんだ!」なんて言われても、体調を崩したり眠そうにしていたりしたら自業自得ですし、迷惑になりますよね。すごいことをしたかのように言われたら、イラッとしてしまっても仕方ないかもしれませんね。

自分のほしいものを何の苦労もなく手にしていたり、さらにその自慢話を聞かされると人はイラッとしてしまうもの。今回意見を上げてくれた人の中には何を言われてもイライラはしないという大人な意見もありました。どんな自慢話をされてもそっかそっかと受け流せるくらいの人になれると楽なのかもしれませんが、なかなか難しいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE