お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「似た者夫婦」と「対極夫婦」、男性の結婚の理想とは?

結婚はゴールではなくスタート。これからはじまる新しい人生を一緒に過ごしていくパートナーは慎重に選びたいですよね。では、結婚相手には自分と似た相手がいいですか? それともないものを補ってくれる相手がいいですか? 男性にアンケートで聞いてみました。
 Q.あなたの結婚の理想はどっち?

似た者夫婦……82.9%
対極夫婦……17.1%

約8割が「似た者夫婦」がいいと回答。ではそれぞれの意見を見ていきましょう。まずは、似た者夫婦と回答した男性の意見から。

■価値観が合って楽しそう

・「ケンカが少なく明るい家庭になりそうだから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「価値観があって楽そうだから」(39歳/情報・IT/技術職)

・「似たもの同士だと考えとか趣味が一緒で暮らしていて楽しそうだから」(27歳/情報・IT/技術職)

価値観が合うとケンカも少なく、毎日楽しそうに過ごせそうですよね。同じ趣味を楽しんだり、明るい家庭を築けそうですね。

■生活のリズムが合いそう

・「生活リズムも合いそうだから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「生活のスタイルを合わせやすいから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

生活のリズムやスタイルが合いそうで、穏やかに暮らしていけそうだからという男性も。たしかに性格やテンポの合う人だと、お互いにイライラせずに過ごせそうです。

では一方で「対極夫婦」を選んだ男性の意見とは?

■お互いの足りないところを補い合える

・「お互いをカバーできる」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「互いの不得手とするところをうまく埋め合わせることが出来れば、持続するいい関係が築けるはずだから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

価値観や考え方がちがう相手だと、足りない部分を補い合って、いい関係が築けるという男性も。自分にないものを持っている人ってなんだかつい惹かれてしまいますもんね。

「似た者夫婦」を選ぶ男性が圧倒的に多いという結果になった今回の調査。夫婦はだんだん似てくるともいわれますし、似ているということは、もしかしたらある意味最高のカップルということなのかもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]