お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 彼もお金も手に入れる

もうお前にき~めた★ 男子が「この子になら家計を任せられそうだ」と思う瞬間

ファナティック

男子が「この子になら家計を任せられそうだ」と思う瞬間夫婦共働きでも、家計は「妻が管理する」という夫婦は多いですが、生活のやりくりはもちろん将来に備えた貯金などもしてくれる女性なら男性も安心して家計を任せられそうですよね。独身のときとはちがう部分での支出も増えてくる結婚後の家計。男性はどんな女性になら自分の給料を預けても大丈夫だと思うのでしょうか。働く社会人の男性たちに意見を聞いてみました。

■メリハリのあるお金の使い方ができる

・「節約すべきところは節約して旅行などにはある程度使うメリハリの利いた子」(31歳/食品・飲料/技術職)

・「大まかな収支管理はしているが、ガチガチには固めていないタイプ。節約感覚を持ちつつも、使うことも楽しんでいるだろうから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「お金をかけるところと、締めるところを自分で調節できる人。お金が手元にあっても先を見越して振り分けたり、貯金したりできる人」(32歳/ソフトウェア/技術職)

何にお金を使うかということをしっかりと考えて必要なところには出費を惜しまず、無駄なところはしっかり締めるといったメリハリのあるお金の使い方ができる女性になら家計を任せても安心だという男性が多いようです。お金を使うことが悪いことのように節約しまくる人だと男性も息が詰まってしまうので、適度にぜいたくができる人「メリハリのあるお金の使い方ができる女性」になら家計を預けたいという声があがりました。

■無駄遣いをしない

・「安いスーパーで買い物をしている」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「衝動買いや、意味のない買い物をしない」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「倹約家で自炊をしてる」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

家計の中でも比較的コントロールしやすい食費を安く上げるために安いスーパーで買い物をして自炊したり、買ってから後悔するような衝動買いをしない倹約家の女性も、家計をうまくやりくりできそうですよね。安い食材や余り物でパパッと料理を作れる人って料理上手でもあるので、その点でも結婚を考える対象になるようですね。

■家計簿などでお金の出入りを把握している

・「しっかりと収支を把握しコントロールしている」(31歳/金融・証券/専門職)

・「アプリを使って家計簿をつけている」(29歳/不動産/ソフトウェア)

・「なにに使っているか自分で把握している」(32歳/機械・精密機器/技術職)

お金の管理をするにはまず収入と支出をしっかりと把握しておくことが大事ですが、そのためには家計簿が必須。最近ではスマホのアプリなどでも手軽に家計簿をつけることができるので、そういったツールなどを使って家計を管理している女性は同性でも関心しちゃいそう。

男性が思う「家計を任せられそうな女子」の特徴をみてきました。どうでしたか? お金の出入りをしっかりと管理できるほかに、節約ばかりではなく使うときは使う、「メリハリのあるお金の使い方ができる女子」が好印象だということがわかりましたね。たしかに無計画にあるだけ使ってしまうような人に家計を任すのは不安ですよね。女性のみなさんは、男性から人生のパートナーに選ばれるためにも、お金の使い方やお金の管理の仕方を見直してみてはいかがですか?

(ファナティック)

※画像は本文とは関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)