お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

永遠の謎! 男性が理解できない「女心」4つ

ファナティック

男性に対して「ちっとも女心をわかっていない!」と憤りを感じたことはありませんか? 同じ人間とは言え、性別のちがいは考え方のちがいに大いに影響を及ぼすものです。努力しても理解不能な女心について、社会人の男性に聞いてみました。

■高すぎる美意識

・「やせているのにダイエットばかりしている」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「美容品にかける情熱」(28歳/金融・証券/専門職)

なぜそこまで美しさにこだわるのか? 女性の高すぎる美意識に疑問を持つ男性は多いようです。男性からすればどれほどがんばっても、本質は変わらないという意識があるのでしょう。自分を磨くのはいいことですが「見てくれだけ」と言われないように気を付けましょう。

■他人を気にしすぎる

・「うわさ話。なぜそんなにうわさ話が好きなのか理解できないから」(32歳/電機/技術職)

・「嫉妬心。なぜすぐ嫉妬するのかわからない」(33歳/金融・証券/専門職)

仲がいい友だちでも、心の中で相手と自分を比べてしまうことはありませんか? 女性は基本的に嫉妬する生き物です。自分ではなく他人に目を向けている人ほど嫉妬心は強いでしょう。他人を気にしている暇があるなら、自分のことを考えたい男性にとっては、わからない女心です。

■一生理解できない、生理の謎

・「生理前に何であんなに機嫌が悪いのか」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「生理でも会いたいというところ。こっちはあまり会いたくないので」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

体の構造がちがうので、当然男性には理解することはできません。生理前の体調の悪化に悩まされている女性も多く、ときにはコントロール不能になってしまうこともありますが、男性が理解を示してくれなくても、理解できるわけがないと割り切りましょう。

■その駆け引きが面倒くさい

・「自分のなかですでに結論が出ていることを相談してくる」(30歳/自動車関連/技術職)

・「ライン交換しておいて既読スルーする女。その場ですごい会話が盛り上がってライン交換も積極的にしてくれたのに、そのあとの連絡は全部無視」(36歳/機械・精密機器/営業職)

女性はその場の雰囲気やコミュニケーションのひとつとしてやっていることでも、男性には意味のない駆け引きだと捉えられてしまうよう。細かな駆け引きなど、男性には通用しないのかもしれません。

女性の中にも、単刀直入、単純明快な男性的な考えのほうが好きという人もいるでしょう。ですが、女同士のコミュニティーでは対応していかなければいけない問題でもあります。男性との会話の中で、なんだかかみ合わない、理解してもらえないと感じたら、その理由は性別がちがうからにほかなりません。無理に理解を求めてケンカにならないように気を付けましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]