お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 目元美人の秘訣

アンチエイジングは、いつからはじめる?

ファナティック

いつまでも若々しくありたいと願うのは、女性なら当然のこと。加齢による老化は免れないことだけど、少しでも老化を遅らせるためにアンチエイジングに重点を置いたスキンケアをしている人もいるのでは? 今回は、アンチエイジングをはじめるタイミングについて、働く女性たちに聞いてみました。

■三十路を迎えたら

・「30歳からはじめる。20代とはちがい代謝も落ちるから」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

・「30くらいから。30過ぎたら肌も一気に加齢が進むから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ついこの間までは若者向けの化粧品を使っていたのに、気づいたらもう30歳。30歳から肌質が変わるという意見が多く見られました。少し見ないうちに一気に老けたなぁと思われないためにも、老化が目に見える前にアンチエイジングをはじめたいという人が多いようです。

■若いのは気持ちだけ

・「25歳。お肌の曲がり角と言われる年齢だから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「25歳前後。アラサーの年齢に差しかかるころにはじめれば30歳前後になっても急激な劣化はない」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

30歳になる前からアンチエイジングをはじめておけば、30歳を迎えても安心と考える女性もいるようです。エイジングケアをし出す年齢が、どんどん下がっているのかもしれません。

■自分にはまだ早い

・「財布が厳しい。40からでいい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「40歳。中年になってくるから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

お金に余裕がない人や、まだ老化を実感していない人は、エイジングケアをあとまわしにする傾向があるよう。「気づいたときにはもう遅かった……」なんてことにならないように、気をつけたいですね。

若いときの肌を永久に保つことは不可能ではありますが、少しでも長く若々しいハリのある肌でいたいもの。普段の生活からアンチエイジングを心がけていきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数125件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]