お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 目元美人の秘訣

若々しくいるために! 女性たちがお金をかけてでもケアしておきたいポイント4つ

ファナティック

女性が美容にかけるお金は相当な額でしょう。いくら男性に「理解できない」と言われても、美容の出費は浪費ではなく美しさのための投資と考えている女性は少なくないと思います。そこで今回は、「ここをキレイに保てるならお金も惜しくない!」と思えるポイントを、働く女性たちに聞いてみました。

■ぷるぷるでキレイな肌

・「肌。自分に自信を持てる度合いが大きく変わるので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「今しっかりすることで、将来にちがいが出ると思う」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「肌はツヤツヤしていると元気が出るから」(32歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

肌がキレイだと見た目がいいだけではなく、日常生活もしっかりと自己管理できているという印象を与えることができます。ストレスなどでも肌の状態は悪化するため、その人の心理状態を表すことも。キレイな肌は心身ともに健康な証です。

■ツヤツヤしっとりの髪

・「薄くなったら困るから」(25歳/不動産/事務系専門職)

・「パサパサの髪はみすぼらしく、老けて見えるから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「うしろ姿美人になれるから」(26歳/生保・損保/営業職)

意外にもその人の印象を決定づけてしまう髪。髪の色もさることながら、実は質感が重要です。将来的にも健康でツヤツヤとした髪を保ちたいなら、カラーリングの頻度の見直しや日ごろのトリートメントに意識を向けましょう。

■白くて美しい歯

・「オーラルケア。大事だから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「歯。虫歯にならないようにするため」(24歳/建設・土木/技術職)

「芸能人は歯が命」と言われるだけあり、芸能人の歯はキレイですよね。そこまでお金をかけられないという人は、定期的に検診を受けて、健康な歯を保ちましょう。

■キラリと輝く目元

・「目。目尻にシワを作りたくないから」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「目元。印象に残りやすい場所だから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分ではどうやってケアをしたらいいのかわからない部分のひとつですよね。目は印象を左右するところなので、お金をかけてケアしたいという意見はうなずけます。

老化を止めることはできないけれど、少しでも老化を遅らせるために、いろいろとケアをしておきたいと思う女性は多いと思います。美は一日にしてならず、継続することが大切です。気づいてからでは手遅れになる可能性もあるので、キレイをキープできるように日々心がけておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数125件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]