お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 目元美人の秘訣

気をつけているのに……。女性たちが考える「年齢を隠せない部位」とは?

キレイにメイクしても、体を矯正下着で補正しても、どうしても年齢を隠せない部位があります。自分では隠せていると思っていても、他人からは年齢がバレているかもしれません。今回は働く女性たちに、「年齢が隠せない部位」について聞いてみました。

■実はみんな見ている「手」

・「手のシワ。若い格好してる美人さんが手だけおばあちゃんに見えた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「手の甲。一切ごまかしが効かないから。どんなに若作りしても手の甲を見れば年はわかる」(24歳/食品・飲料/専門職)

手は毎日酷使するところなので、やはりケアが必要そう。就寝時に手袋をして寝る人もいますよね。美しい手を保つのは並大抵の努力では実現できなそうです。

■化粧した顔との対比が目立つ「首」

・「首。シワを隠しきれている人はなかなかいない」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「首。顔のケアをしていても首に年齢が出てしまっている人が多い」(23歳/生保・損保/事務系専門職)

日々のスキンケアの盲点とも言える首。顔はしっかり保湿しているのに、首は何のケアもしていないという人が多いかもしれません。顔と一緒に首もケアする習慣をつけましょう。

■補正の限界「贅肉」

・「おなか。出っぱるから」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「背中の肉。年齢とともに背中に肉がついてくる気がする」(30歳/医療・福祉/専門職)

溜め込んでしまった贅肉が、体を全体的に丸くします。特に、猫背の人は背中に肉がつきやすいので注意が必要かも。正しい姿勢を意識することで、ある程度は贅肉がつくのを防げるでしょう。

■他人の視線が集まる「目元」

・「目元。シワができやすいので」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「目元のシワ。どうしても目の部分に年齢が出てしまうから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

目元は皮膚が薄いため、ケアしにくい部分ですよね。他人の視線も集めやすい部分なので、年齢も隠しにくいのだと思います。

加齢とともに現れてくる変化は、どんなに美しい人にも訪れること。隠したくても年齢が隠せない部位は、早いうちから対策をしておいたり、すでに老化を感じてしまった人はプロの手に委ねるのもひとつの手かもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数125件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]