お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

ムムッ! 男性がイラつく女性後輩の4つの言動

ファナティック

異性と後輩にはつい甘くなりがちですよね。でも、甘えて調子に乗ると怒られてしまうかもしれませんよ。今回のテーマは「男性がイラつく女性後輩の言動」です。上司や先輩と上手に接するための参考にしましょう。

Q.あなたは職場の女性後輩の言動にイラついたことがありますか?
「ある」……33.8%
「ない」……66.2%

「ある」と答えた男性読者は33.8%。無意識にイラつかせてしまっているようです。詳しい内容を見ていきましょう。

■タメ口で話す

・「自分と話すとき、やや自分を小バカにしたようなタメ口を聞いてきたので、思わず『俺は先輩だぞ!』と怒鳴ってやりたかったが、みっともないので我慢した」(28歳/情報・IT/技術職)

・「タメ口が出てしまっていた」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「タメ口で話しかけてきてイラついた」(33歳/機械・精密機器/技術職)

敬語ができないということですね。昔から言われてきたお叱りです。どこかに一人はやってしまう人がいる問題行動ですので、せめて自分はそうならないようにしましょう。

■生意気な言動をする

・「常にケンカを売ってるような口調で話をする人」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「舌打ちにイラついた。不快だった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ズケズケとした態度にカチンときた」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性が相手だとなぜか意地を張ってしまう人はいますよね。けれども、男女差別はよくないです。仕事場で接している限り、ある程度私情は捨てましょう。

■マイペースすぎる

・「クレームが来て忙しいのに、のんびりいつも通りマイペースに仕事しているとき」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「こっちは残業してるのに、遊ぶために早く帰った」(26歳/農林・水産/技術職)

・「しょっちゅう休憩にばかり行っていたので注意したら、女子は大変なんですよ~と言われた。ただ……ウザいと感じた」(32歳/電機/技術職)

残業にお付き合いするべきかどうかはともかく、周りが見えていませんね。忙しい人から見えるところで暇そうにしているとイラつかれてしまいますよ。

■女性特有の短所をアピール

・「失敗を指摘したらうそ泣きしだしたとき」(32歳/商社・卸/営業職)

・「冷房が寒いと言ってクーラーの温度を上げること。寒かったらなにか着ればいいのに、着ようともしないで温度を上げるのは意味がわからない」(27歳/情報・IT/技術職)

・「2人で営業をしていたとき、疲れたからといって車の運転をしなかったときはイラッとしました」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

女性は男性よりも体力がなく、寒さに弱い傾向があります。だからといって、女性特有の短所で周りの男性に負担をかけると迷惑になります。お互いの気遣いが大切ですね。

男性は女性後輩のこんな言動にイライラしていたんですね。みなさん、身に覚えはありませんか? 男性の先輩に腹を立てることはあるかもしれませんが、向こうからも叱られないよう気をつけましょう!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]