お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

え、はずかしいよぉぉぉ! カレと下着売り場にいくのはアリ? ナシ?

恥ずかしがる女性カレ好みの下着をつけてあげていますか? 好みを聞くだけでなく、下着売り場でカレと一緒に選べば、喜んでくれるかもしれません。でも、一緒に下着を買いに行くことに、抵抗がある女性もいますよね! ホンネを聞いてみました。

Q.カレと一緒に下着売り場へ行くのはアリですか? ナシですか?

アリ……30.5%(68人)
ナシ……69.5%(155人)

「アリ」と答えた女性は3分の1以下です。「ナシ」と答えた女性は恥ずかしいからイヤなのでしょうか、それとも、ゆっくり買い物できないから? それぞれの理由を紹介します。

<カレと一緒でも「アリ」>

■相手の好みがよくわかるので

・「カレの好みの下着を身につけて、喜んでもらいたいから」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「着て欲しいものを買ってくれるとかだったら、うれしいので」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「カレ好みのランジェリーを一緒に選ぶとかなり楽しいです」(31歳/その他)

・「男性目線で、どういう下着をよく思うのかなどを参考にしたいから」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

下着に限らず、洋服や靴なども、男性と女性では「イイ!」「似合う!」と感じるものが違います。女性はデザインだけでなく機能性にもこだわりますが、男性が女性の下着を選ぶときは「セクシーか否か」をまずチェックするような気も……。自分では手を出さないような過激なデザインも、カレにすすめられれば挑戦できそう。

■たいして気にしないので

・「ファッションの一部だと思うのでOK」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「地元のお店ではよくある光景なので抵抗がない」(28歳/その他)

下着だからといって特別だと考えない。洋服を買うのと同じ感覚なので、カレが隣にいても気にならないという人も。若い頃には抵抗を感じた人でも、年を取るにつれて平気になるのではないでしょうか。けれど、そばにいる男性はワクワク、ドキドキしていたりして。

<カレと一緒は「ナシ」>

■下着売り場はオンナだけの聖域

・「周囲に女性のお客さんもいると思うし、周囲の人に対して少なからず不快な思いをさせてしまう部分もあると思うから」(32歳/不動産/専門職)

・「実際自分が買い物しているときに、隣にカップルが見ていたりするとイヤになる」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「他の女性客に気持ち悪がられそうだから」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「女性の売り場だから。男性禁止」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

本人たちは平気でも、他のお客さんが迷惑に思っているかもしれません。男性が売り場にいるせいで、店に入ることをためらう女性もいたりして。かといって、カップルを歓迎しているお店もあるので、店員も声をかけにくいのかもしれません。「困ったお客さんだな」と思われないようにしたいですね。

■買い物しづらい!

・「迷っても相談相手にならないから」(30歳/通信/事務系専門職)

・「サイズを知られたくないので」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「自分の趣味で選びたいから。口出しされたくない」(32歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

フィット感やシルエットの美しさなど、小さな部分までこだわりたいから、ひとりでじっくり買い物をしたい。一緒に行くのはせめて女友だちくらいでしょうか。また、カレと自分の趣味があまりにちがっていても困ります。カレ好みとはいえ、受け入れがたいデザインもありますよね。よって、男性は下着売り場からシャットアウト!?

ほかに多かった意見としては、「恥ずかしいからイヤ(ナシ)」というのがありました。裸で抱き合う仲にはなっても、下着というのは秘めたるまた別の世界なのかもしれません。「見たり触れたりはOKでも、サイズは知られたくない」など複雑な女ゴコロが見え隠れしました。

(中澤美紀子/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数223件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]