お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

半数の男性は「注文あり!」 結婚後、奥さんにこうなってほしくない外見って?

ファナティック

付き合っていた頃は外見にとても気を使っていて魅力的だったのに、結婚したら所帯じみてしまっておばさん街道まっしぐらという女性もいます。家庭を持つことで服装やメイクが変わることは自然なことではありますが、男性から見ると急激な変化は悲しいものがあるようです。結婚後の女性の外見について、社会人の男性に聞いてみました。

Q.結婚後に奥さんにこうなってほしくないという外見の要望はありますか?
「ある」50.0%
「ない」50.0%

半数に意見が分かれる結果となりました。あると答えた人に、外見の要望について聞いてみました。

■急激な体形の変化

・「おばさん体形。できれば昔のままの体形を維持してほしい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「太る。とにかく太ってほしくない。たるんだらもう女として終わり」(36歳/機械・精密機器/営業職)

出産を機に体形が変わってしまうという話はよく聞きますが、男性からは体形を維持してほしいという要望が多いようです。加齢にともない新陳代謝も落ちてくるので若いときの体形を維持していくのは相当な努力がいるでしょう。

■見た目年齢+○歳

・「年齢よりも若く見えるようであればうれしい。年相応でも妥当かなと思う」(37歳/金融・証券/営業職)

・「シワシワになってほしくない」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

女性は若い方がいいという男性の本音が見え隠れする意見です。若いときのような肌のハリはいつまでも維持できるものではありません。ですが男性が一緒に歩きたいと思うのは、やはり結婚しても若々しくてかわいらしさがある女性のようです。

■おばさん的な行動

・「化粧がケバくなること。一緒に歩きたくはないから」(35歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家のなかに閉じこもらないでほしい。外との交流を大切に」(29歳/医療・福祉/専門職)

結婚が人生のゴールだと思っている人は要注意です。結婚したからといって外との交流を絶ってしまうと一気に外見まで変わってしまいます。また、加齢にともなう変化を隠そうとして化粧が濃くなるのは逆に年齢を感じさせてしまいます。

■美しさをキープする努力を放棄

・「部屋着みたいなのでずっといたり、髪型を気にしないようになってほしくない。ずっときれいでいてほしいから」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「女性らしさだけは失ってほしくないです」(26歳/電機/技術職)

服装に気を使わなくなり、髪も振り乱してスーパーに買い物に行くようになってしまうと、女性らしさを保つ努力がどんどん面倒くさくなっていきます。外へ出るときはもちろん、家の中でもある程度人に見せられる格好でいるようにしましょう。

結婚すればもちろん独身の頃のように自分にばかりお金をかけるわけにはいかなくなります。ですが、魅力的な女性でいるためにはできる範囲で自分磨きを継続していく必要があります。好きな男性との生活で幸せ太りにならないよう、自己管理を怠らないようにしましょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE