お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

一か八かで言ってみる!? 男性は「結婚したい」発言している女友だちは恋愛対象に入る?

ファナティック

ある程度、年齢を重ねれば、友人同士で結婚の話題が上がることも多くなることでしょう。結婚の意志がある人はポロッと「結婚したいな……」なんて言っているかもしれません。そこで今回は、世の男性たちにこのようなアンケートを採ってみました。

Q.普段から「結婚したい」と公言している女友達は恋愛対象に入りますか?

 「入る」……50.5%
 「入らない」……49.5%

見事に割れましたね! どちらを支持する声も多いようですので、それぞれを選んだ理由を詳しく見てみましょう。

<「入る」派の意見>

■恋に真剣
・「真面目に恋人を探そうとしているんだなと思うから」(32歳/電機/技術職)
・「将来を考えているところが好感触」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)
・「結婚にあこがれているというのは、真剣な付き合いを考えていると思えるから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

その場限りの遊びではなく、将来のことを考えた恋人選びに、好感を抱く男性は非常に多いようです。逆に、「結婚したい」という発言を聞いて、恋愛対象に入れる男性もいるかもしれませんね。

■自分も結婚したいと思っているから……
・「遊びの付き合いはしたくないので、結婚を真剣に考えている女性のほうがいいから」(29歳/不動産/その他)
・「自分も結婚したいから」(33歳/自動車関連/事務系専門職)
・「自分も結婚したいならそれに乗っかる手もあるから」(38歳/通信/技術職)

結婚願望の強い男性からすると、結婚の意志が強い女性はより魅力的に見えるようです。相性さえよければ、付き合いたいと思うでしょうね。
では逆に、「入らない」を支持した男性たちには、どのような意見があるのでしょうか?

<「入らない」派の意見>

■結婚の話をされても重い……
・「プレッシャーをかけられているようで重いから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「牽制されているようで重い」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「こっちがスグに結婚はムリだから」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

まだ自分が真剣に結婚について考えることができてない男性にとっては、「結婚したい」発言をする女性は「付き合う」イコール「結婚」になってしまうため、敬遠される場合も……。

■友だちはあくまで友だち
・「友人故に進展し難そうだし、そう言っている時点で自分は対象ではないのでは? と思うから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「友だちなので対象にならない」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「友だちの時点で恋愛対象にはならない」(33歳/機械・精密機器/技術職)

女友だちと、恋愛対象をしっかり線引きしている男性たちは、どんな発言があろうとも、友だちは友だち、と割り切ってしまうようです。ということは、気になる男性に一度友だち認定されてしまうと、恋愛対象になるのは難しいのかも……?

「結婚したい」と言っている女友だちに対して好意的な男性と、「ないわぁ……」と思っている男性は半々だということがわかりました。気になる男友だちがいる人は、一度、飲んでいるときにでも、「結婚したいな……」とつぶやいてみるのもいいかもしれません。吉と出るか凶と出るかは半々です! もしかしたら、それを切っ掛けに、結婚を前提としてお付き合いがスタートするかも!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数105件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE