お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

みんな意外に失敗してるのねぇ~ 買って後悔した“高額ショッピング”エピソード5選

ファナティック

買って後悔した高額ショッピングエピソードテレビやインターネットにあふれる、魅惑的なキャッチコピー。こんな高価なもの、誰が買うんだろうと思って見ていたら、いつのまにかその巧みな売り文句に購買意欲を刺激されていた! なんて経験はありませんか? 「いい買物したなぁ」から一転、買って後悔した高額なお買物エピソードを、社会人の女性に聞いてみました。

高額商品の落とし穴

・「高い化粧品。もったいなくて使わなかったら、使用期限が切れていた」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ブランド物のバッグ。重たくて持ち運ぶのが嫌になりました」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

高額商品は買ったときの満足感はあるものの、実際にそれを使いこなせないことも多くあります。せっかく高いお金を払って買ったのに、使わずじまいで終わってしまっては、損した気分になりますよね。

効果が出る前に断念

・「光脱毛の家電。脱毛サロンに通ったので使わずにお蔵入りしました」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「翻訳の講座に5万以上かけたが、実際課題を提出しなかった」(30歳/電機/事務系専門職)

サロンに行くよりも安い、教室に通うよりも安いという理由で、セルフの道を選んだものの、怠惰な自分に勝つことができず、安くあげるどころか「逆に出費が増えてしまった」なんてケースも。自分がわるいのですが、買わなきゃよかったと後悔してしまいますよね。

維持費の高さにびっくり

・「自動車を購入したが、駐車場料金などの維持費が高くついた」(23歳/その他/事務系専門職)

・「バスルーム専用浄水器。フィルター交換時期になったが、フィルター自体が高かったのと、ちょうど同じ頃お風呂のリフォームをしてしまって取り外したまま」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

買って終わりじゃないのが自動車。買う前には想像しなかった維持費が、実際にはかかって困ったという方もいました。車を買うときは駐車場はもちろんのこと、車検代やガソリン代、税金もしっかり徴収されることを覚悟して購入しましょう。

流行の家電

・「ミキサー・ジューサー・ホームベーカリーなどキッチン家電。使いこなせていなくて箱に入ったまま」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ロボット掃除機。結局自分でやるほうがいい」(32歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

便利なものほど使い勝手が悪いものです。さまざまな家電が話題となり、流行し、廃れていきますが、そのたびに「これは!」と思って買ってしまうんですよね。数回使ったきりでお蔵入りになっている、なんて人、意外に多いのでは?

着る機会がない洋服

・「かわいいと思って買ったコート、ほかの物と着まわしができなくて人にあげた」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「そのとき流行ったワンピ。数回しか着なかったが翌年にはブームが去っていて着るに着られなくなってしまった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

女性の一番の悩みはこれではないでしょうか。手持ちの洋服とあわせるのが難しかった、流行がすぐに終わってしまった、なんてことが多いのが洋服。洋服を購入するときは流行に関係なく長く着れるか、手持ちの服と相性がいいかなども考えることが大切です。

働く女性が買って後悔した高額なお買物エピソードを見ていただきました。どうでしたか? 衝動的な欲求や、自分のライフスタイルにあっていない物の購入は、失敗することが多いようですね。購入前に十分な検討をして、後悔しない買い物をしましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数227件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE