お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「束縛する男」VS「ほとんど家に帰ってこない男」、女性が選ぶのは?

ファナティック

もし結婚するとしたら、相手とはずっと一緒にいたいですか? それともひとりの時間もほしいですか? 好きな人と結婚したんだから、一緒にいる時間は大切にしたいですよね。でもそれが「束縛」となったら……。そこで今回は究極の二択! 結婚するなら「束縛する男」と「ほとんど家に帰ってこない男」のどちらがいいか、働く女性のみなさんに聞いてみました!

Q.あなたは結婚するならどっちがいい?

束縛する男……44.6%
ほとんど家に帰ってこない男……55.4%

ほぼ半数にわかれましたが、やや「ほとんど家に帰ってこない男」のほうが多い結果に。これはいわゆる「亭主元気で……」ということなのでしょうか。早速、それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「束縛する男」と回答した人の意見>

■結婚した意味がない!

・「家に帰って来ないならいてもいなくても変わらないので、結婚した意味がないから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「ほとんど家に帰ってこないのでは何のために結婚したのかわからないから」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

「家に帰ってこないなら結婚した意味がない」という意見がとても多くありました。一緒に生活をともにしたいから結婚したのに、相手が家にほとんどいなかったら「何のために結婚したのか」わからなくなりそうです。

■束縛は愛されている証拠?

・「愛されている証拠と思えば、帰ってこない男よりもいい」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「浮気されるくらいなら束縛されたほうがいいから」(32歳/医療・福祉/専門職)

「束縛する男」を選んだ人からは「愛されている証拠」や「浮気されるより束縛されるほうがいい」という声もありました。確かに浮気されるよりはいいかもしれませんが、束縛を「愛されている証拠」と思うのはなかなか難しそうです。

<「ほとんど家に帰ってこない男」と回答した人の意見>

■亭主元気で留守がいい!

・「亭主元気で留守がいい。お金をうちに入れてくれるなら特に気にしない」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「自由気ままに暮らせそう」(28歳/医療・福祉/専門職)

「ほとんど家に帰ってこない男」と回答した人から多かったのは「亭主元気で留守がいい」という言葉でした。前提として「生活費を家に入れる」というのは当たり前ですが、帰ってこないほうが「自由に過ごせそう」というイメージはありますよね。

■帰ってこないからこそ会いたい?

・「束縛されるよりは放任くらいのほうが気楽でいいです」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「束縛は自由が失われてすぐに別れてしまいたくなるけど、帰って来ないのはあまり会えないということだから、会いたいという気持ちがずっと続きそうだから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

ほかにも「束縛されるのはストレスだから」という意見がありました。とにかく「束縛されるのはイヤ」という人が多いようです。「会いたいという気持ちがずっと続きそう」という意見があまりにもポジティブで、目からうろこでした。

僅差ではありますが「ほとんど家に帰ってこない男」と結婚するほうがいい、という女性が多いことが判明しました。「束縛されて外出もままならない」という状態よりは「帰ってこない」ほうが気楽に過ごせそうですよね。究極の二択でしたが、それぞれの意見を聞いてみると納得できます。あなたならどちらを選びますか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数184件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE