お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ウレシイw もう1軒行っちゃう? 女性は男性とのご飯のときに、何割負担してくれたらうれしい?

ファナティック

男性と初めてデートへ行った際に、チェックすべきポイントはいろいろあると思いますが、食事やお茶をしたときのお支払いは、特に要チェックポイントなのではないでしょうか? そこで今回はこのような質問を世の働く女性たちにしてみました。

Q.男性と2人でご飯に行くときに、全額とは言わなくても、何割くらい男性が負担してくれたらうれしいですか?

第1位 「男性7:女性3」……32.0%
第2位 「男性6:女性4」……29.1%
第3位 「男性5:女性5」……16.0%
第4位 「男性8:女性2」……12.1%
第5位 「男性9:女性1」……10.7%

全額とまで言わなくても、彼にある程度多く出してもらいたい女性は多いようです。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

■1位「男性7:女性3」
・「多めに出してほしいが、全額は気が引けるので少しは出したい」(32歳/金融・証券/営業職)
・「全額に近ければ近いほどうれしいけど、最低これぐらいだとうれしいので」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「少し男性が多めくらいだとうれしい気持ちになる。あまり多く払ってもらうと申し訳なくなる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「お酒を飲む量や食べる量を考えても、このくらいは多めに出してほしい」(26歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

全体的に「全額払ってもらうには気が引ける……」というコメントが多く寄せられていました。全額持ってもらうと、ちょっと次のデートの約束を自分からしづらくなってしまいますもんね。

■2位「男性6:女性4」
・「少し多めでいい。別に割り勘でもいい」(25歳/金融・証券/営業職)
・「少しくらい多めだったら、また気兼ねせずに誘えそうなので」(27歳/金融・証券/営業職)
・「割り勘より少し多いと正直うれしいかも……と思ったので」(32歳/不動産/専門職)
・「小銭分でも、ちょっと多めに出してくれるとうれしい」(28歳/情報・IT/営業職)

ほぼ割り勘だったとしても、ほんのちょっと多く出してもらえると彼の気遣いを感じでうれしいですよね。同い年や年下の彼なら、余計にそう思ってしまいそうです。

■3位「男性5:女性5」
・「一緒に食べてるんだから、半額ずつ出すのが当たり前だと思う。多く出してもらうのが当たり前と思う女の意味がわからない」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「半々出してくれると、『もう1軒行こう!』となれるのでありがたい。今の彼氏は8:2で私の負担が重いので……」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「自分も食べているので払うのは当然と思っているので。あまりおごられるのは抵抗がある」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「折半ならお互い文句なしだと思うから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「男性のほうが多く出してほしい!」という女性が多い中、このように割り勘に好感を抱く人たちも少なくありません。恋人同士ならば、対等の関係であるのは当然のこと。お金に関してもそう考えているのでしょうね。

みなさん、大なり小なり彼に多く払ってもらいたいと思っているようですね。少しでも多く出してもらったら、きちんとお礼をして、愛される彼女を目指したいものです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年7月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE