お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

イヤン、甘酸っぱ~~い! 同窓会や久々の再会で交際に発展したエピソード5つ

ファナティック


実は周囲にも意外に多い、同級生や幼なじみ同士の結婚。「学生時代は何とも思っていなかったけれど、ある再会をきっかけに交際に発展した!」なんていう話を聞くと「自分ももしかして?」なんてドキドキしちゃいますよね。久しぶりの再会から生まれた恋愛について、働く女性に聞いてみました。

■実は“出会いの場”!? 新鮮な再会も……

・「しゃべったことのない別のクラスの子と10年ぶりに再開して結婚した」(32歳/建設・土木/技術職)

なんとなーく知ってはいるけれど、深くは知らない……という絶妙な距離感の同級生。有力な恋人候補と考えてもいいのではないでしょうか。

幼馴染とゴールイン

・「同窓会で再会した幼馴染と結婚した」(29歳/団体・公益法人・官公庁)

はいはーい、きました! 幼馴染との結婚。少女マンガのようなエピソードですね。

大人になってから……

・「中学を卒業してから10年ぶりに会って連絡先を交換し、頻繁に連絡を取り合ったり食事に行くようになって交際することになった」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

いろいろな経験を積んだ大人だからこそ、発展する出会いというのもあるのでしょうね。

念ずれば……

・「学生時代に好きだった男子と、同窓会で再会し、交際した」(23歳/その他/事務系専門職)

・「学生時代から好きだったけれど、お互いに別々の人と付き合っていました。同窓会でたまたま隣の席になって話していたら、まだお互いに独身で、流れで付き合うようになりました」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

これも多くの女子があこがれるパターンなのでは? 「昔好きだった人と大人になって……」なんてうらやましい限りです。

過去の恋を告白

・「昔、私のことを好きだったという人からアプローチを受けて付き合うようになった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「高校時代に片思いした彼に大学生になってから再会してよく遊ぶようになったが、結局告白してフラれた。今では青春の1ページです」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

現在進行形の「好き」はうまく言えなくても、「好きだった」という過去の話はさりげなく話すことができます。あの頃の“答え合わせ”をするのも楽しいですよね。もし男性から「昔好きだった」と言われたら「今はどう?」とすかさず聞いてみましょう

いかがでしたか? 共通の話題もそこそこあって、実はあまり話したことがない異性がけっこういるという同窓会は出会いの場としては打ってつけ。同窓会のお知らせを受け取ったら、「今さら……」なんて思わずに、ぜひオシャレして出かけてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数134。22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE