お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性に聞く! 「おひとりさま」を楽しめる女性、ぶっちゃけどう思う?

森川ほしの/OFFICE-SANGA

ひとりで食事は当たり前。カラオケ、ライブ、旅行などなど、なんでも「おひとりさま」を満喫する女性が増えています。女性がひとりでもいろいろなことを楽しめるのはとても素敵なことですが、はたして男性陣はこれをどう思っているのでしょうか?

Q.食事、カラオケ、ライブ、旅行など、なんでも「おひとりさま」で楽しめる女性と、つき合いたいと思いますか?

 「つき合いたいと思う」……62.4%
 「つき合いたいと思わない」……37.6%

「つき合いたいと思う」と回答した男性が多数派ですが、「つき合いたいと思わない」という男性も4割弱いるということが判明。これは女性から見れば、かなり多いといえるのでは? それぞれを選んだ理由を詳しく見てみましょう。

<「おひとりさま」女子は大歓迎!>

■「おひとりさま」ができる女性は素敵!
・「ひとりだと何もできない人よりも、断然いいと思う」(32歳/小売店/事務系専門職)
・「人間的にしっかりしていそうだから」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「群れなくても大丈夫な女性は、格好いいと思う」(30歳/機械・精密機器/技術職)

男性からこんな風にいってもらえると、「おひとりさま」好きな女性はうれしいですね。最近は「女性のひとり客、大歓迎!」という店が増えてきましたし、「おひとりさま」も恋愛も、どちらも楽しむ女性がどんどん多くなるかもしれません。

■適度な距離感が大事
・「ベタベタされるより、楽な気がする」(38歳/通信/技術職)
・「干渉しなさそうで、いい関係が保てそう」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「お互いの時間を大切にできそう」(29歳/医療・福祉/専門職)

恋人同士でも適度な距離感を保ちたいと考える男性には、「おひとりさま」好きな女性はピッタリかも。ときにはお互いにひとりの時間を楽しんで、デートはデートでまた楽しんで。そんな風につき合えたら、交際にストレスを感じることがなさそうです。

■こんなメリットがあるかも?
・「その行ったところなどを紹介したり、されたりしたい」(25歳/農林・水産/専門職)
・「ドタキャンしてもOKだから」(24歳/その他)
・「一緒についていきたい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

行動力のある彼女がいたら、デートプランに困ることもないでしょうね。ただ、ドタキャンはちょっと……。いくら「おひとりさま」が平気でも、デートをドタキャンされれば次はもうないのでは? 約束はできるだけ守ってほしいですよね。

<「おひとりさま」ができる女性はちょっと……>

■いろいろと心配になりそう
・「つき合って2人で楽しみたいのに、ひとりでどこか出かけてしまいそう」(27歳/情報・IT/技術職)
・「自分と一緒に行動したら、面倒くさいんじゃないか……と心配してしまう」(26歳/農林・水産/技術職)
・「闇を抱えているのでは? と心配になる」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

「おひとりさま」肯定派の男性からは「しっかりしていそう」「干渉しなさそう」といった意見が出ましたが、これが敬遠派男性にとってはマイナス要素となってしまう様子。彼女がひとりでいろんなところへ出かけていると思うと、彼氏としてはいろいろ心配してしまうようです。

■彼氏としては、寂しいかも……
・「男がいらない感じがするから」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「たくましすぎて嫌」(35歳/小売店/販売職・サービス系)
・「頼られなさそうなので、寂しい」(32歳/電機/技術職)

いやいや、「おひとりさま」が好きな女性でも、きっと「男がいらない」とは思っていないはず。彼氏ができれば、2人の時間も大切にするはずです。「頼ってくれない」という面はあるかもしれませんが……。

最近はおひとりさま専用のカラオケや焼き肉店まで登場するほど、「おひとりさま」ブームが到来しています。ただ、あまり「おひとりさま」を満喫しすぎていると、男性から敬遠されてしまうことも。ひとりの時間と恋のバランスを、上手に取れるといいですね。

(森川ほしの/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数101件(22~39歳の社会人男性)

※画像は本文と関係ありません

森川ほしの/OFFICE-SANGA

大学で美学を学び、「美とは何ぞや」生涯この問いと向き合っていくことを決意。言葉、人、恋愛、社会など、さまざまものの中にある「美」を求め、フリーライターの道へ。マイナビウーマンで恋愛、マナー、話し方などに関するコラムを担当。

この著者の記事一覧 

SHARE