お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やっぱり買ったほうがいいの!? 毎年迷う花火大会の有料チケットをみんなは買ってる?

ファナティック

毎年買うべきかどうか迷ってしまう、花火大会の有料チケット。もちろんタダでも楽しめるのですが、もしかしたら有料チケットを買ったほうが、何倍も花火大会を楽しめるのかも? そこで働く女性に、花火大会の有料チケットを買っているかどうか、聞いてみました。

Q.女性に質問です。花火大会に行く場合、有料席チケットを買うほうですか?

 「買うほう」……5.7%
 「買わないほう」……94.3%

今回のアンケートでは、約94%の女性が花火大会の有料席チケットは「買わない」と回答! やはりタダで見られるものに、わざわざお金を払う必要はないのかも? どうしてそれを選んだのか、それぞれの理由を聞いてみましょう。

<「有料席チケットを買う」派の意見>

■ゆっくり座って花火が見られる
・「ごちゃごちゃの場所で見るより、座ってゆっくり見たい。並びたくない」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ごちゃごちゃしたところでよく見えない花火を見るよりは、ゆったりと座っていいロケーションで花火を見たいから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

有料席チケットのうらやましいところが、席取り合戦に巻き込まれずに、ゆったり花火開始時間に来て、ゆったり座って花火が見られるところ。また有料席は花火を見るのにいいロケーションが用意されているため、思う存分花火が満喫できるようです。

<「有料席チケットを買わない」派の意見>

■花火大会は無料席のほうが楽しい?
・「わいわいガヤガヤで見たほうが、花火大会って感じがするから」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「花火大会の雰囲気が味わえればいいので、見る場所は気になりません」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

一方、花火大会は無料席で見たほうがわいわいガヤガヤと楽しく、花火大会らしい雰囲気が楽しめるという意見も。押したり押されたりはするけれど、それも花火大会「らしさ」。はぐれないように彼氏と手をつないだりして、胸キュンしたりすることもできます。

■花火よりダンゴ
・「見るものにお金を払うより、食べ物とかにかけたい」(27歳/金融・証券/営業職)
・「花火そのものより、露店での食べ物の購入のほうがメインだからどうでもいい」(33歳/金融・証券/専門職)

また有料席にお金を払うくらいなら、その分おいしいものを食べたり飲んだりしたいという人も。確かに露店で売っているおいしいものを我慢するのに比べたら、有料席を我慢するほうが心の健康にもよさそう? 無料席なら懐もおなかも満たしながら、花火大会を満喫できそうです。

■混雑するのは無料も有料も同じ
・「帰りが混むのは有料観覧席も同じだから」(29歳/自動車関連/技術職)
・「花火大会は混むので遠くから見るほうが多いです」(33歳/食品・飲料/営業職)

駅周辺がごった返すのは無料席も有料席も同じ。それを考えたら、わざわざお金を払う気になれないという人もいました。また混雑が嫌いなので、花火は遠くから見るのが好きという人も。これが一番確実で平和に花火を楽しむ方法かもしれませんね。

少し迷いながらも、毎年購入を見送ってしまいやすい花火大会の有料席。有料席なら花火大会を満喫できそうな気がするものの、やはり特別な何かがないと有料席までは……と思う女性が多いようです。やっぱり女性は花火よりダンゴかも!?

(ファナティック)

※画像と本文は関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数228件(22歳~34歳の働く女性)。

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE