お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「同棲」すると結婚は遠のく? 驚くことに、男女の意識の差が判明【前編】

五百田 達成

働く女性にとって気になる話題やトレンドワードをピックアップ。男女心理の専門家である五百田達成氏が、ユーザーのリアルな声とともにひもときます!

付き合っているカップルが結婚へ向けて一気にはずみをつけるのが「できちゃった婚」なら、少しずつ前進しようとする作戦が「同棲」と言えるでしょう。ですが、同棲してしまうと結婚が遠のくという懸念は根強くあるようです。

実際、「あなたは、同棲すると結婚しづらくなると思いますか?」というアンケートを実施したところ、女性の場合「思う」……57.9%、「思わない」……42.1%。男性の場合「思う」……28.7%、「思わない」……71.3%という結果に。

女性のほうが同棲に対して否定的で、男性のほうが肯定的と男女でちがいが見えましたが、具体的な意見としては似通ったものが集まっています。いくつかの視点に分けて、見ていきましょう。

「ズルズル」か「予行演習」か

徐々に2人の距離を縮めるという側面について、否定派は、

・「馴れ合いすぎて結婚するタイミングを失いそう」(33歳女性/運輸・倉庫秘書/アシスタント職)

・「だらだらと暮らしてたら、きっかけがなくなりそうだから」(26歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「男側が、現状に満足してしまってきっかけをつかみにくくなる」(36歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「結婚しているのと変わらないので、結婚という手続きをしなくなりそう」(36歳男性/運輸・倉庫/その他)

と眉をひそめます。一方、肯定派は、

・「一緒に生活することがイメージできるから」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「結婚前提の同棲をして、本当に結婚したカップルをいくつか知っているので」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「予行練習になるから」(25歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

と、結婚前に価値観をすり合わせられることを評価します。

後編では、ほかの視点もチェックしていきましょう。

(作家・心理カウンセラー:五百田達成)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数183件(22歳~34歳の働く女性)

※マイナビウーマン調べ(2015年4月~5月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]