お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「ヤバイ!なんか怒っちゃった?」デート中に彼が無口になってしまった時の対処法

神崎桃子

「……」

デート中、あなたのひとことで彼が急に機嫌悪くなった……なんて経験を持つ女性も多いだろう。男性の怒りは感情を吐き出す女性とは違い黙りこくることで意思表示する。しかもなかなか本心を言わない彼らの沈黙はねちっこく、せっかくのデートが台無しに……などという大惨事にもなりやい。

このたびはそんな「男性を傷つけてしまったときのとっさの応急処置」についてリサーチ。すぐに実行できる対処法を覚えて、彼を怒らせたとしてもデートを続けられるテクを身につけよう!

●映画館に飛び込む!

・「あ、な~んか怒らせちゃったな~って時は、とりあえず口をきかなくていい時間を稼ぎます。2時間近く会話しなくて済む映画館がベスト。その間に彼は冷静になってくれるし、私も『彼は何が気に入らないのかな?』って対策をアレコレ考えることができる。

お互い時間を置いたあと『さっきはごめんね』って言うと、『もういいよ』って言ってもらえる確率はずっと高くなりますよ!」(20代・フロント業務)

……彼を怒らせた直後に「私、何か怒らせちゃったかな?ごめんね」などと謝っても「別に……」としか返ってこないパターンは多し。口ベタな男性たちは、自分の思いを説明したり感情を口にするのが女性よりも下手。また怒らせた直後は男性自身もなぜ自分が苛立っているのか原因がわからない場合さえあるのだ。

互いに理性を取り戻すためには“時間を置く”のがベスト。映画館のほかにプラネタリウムやマッサージなど、「ワンクッション」を挟めば謝罪を受け入れられる可能性大!!

●真摯な態度で謝罪する!

・「自分の失敗だってはっきり分かってる場合はとにかく即謝ります。そのときただ感情的な口調でただ『ごめんね』とひたすら繰り返しても、『コイツホントに分かってんのかよ?』って思われちゃうから、必ず“自分が悪かった理由”をひとこと添えます。

『言い過ぎてしまった』『もっと他の言い方をするべきだった』などと真摯な態度で謝ると、男の人の怒りを宥められる。さらにはカフェとか落ち着いたお店で謝ると、彼も人目を気にするからあまりヒドイ事態にはなりません」(30代・電気機器通信会社勤務)

……いわゆる「ビジネス謝罪」がこの方法。あなたが会社で取引先から謝罪を受けることを想像してみよう。ただ「申し訳ありませんでした!」と何度も言われても「コイツ、事態を収拾しようとして口先だけで謝ってるんじゃないの?

」と感じてしまわないだろうか。男性には感情より理性的な謝罪が効果アリ。
また男性は見栄っ張りなところがあり他人の目を気にしがちなので、いくらあなたに対して怒っていても“公衆の面前”で怒鳴ったり興奮することは少ない。逆に感情的になりがちなふたりっきりの場所での謝罪は失敗する可能性すらある。

仲直りするはずが互いを責め合うことになりかねないのだ。

●美味しいモノを食べさせる!

・「彼がイライラしがちな時は、体調が悪いか疲れているのかも……。そんな時は気分転換も兼ねて美味しいお店に連れてっちゃいます!彼が好きなラーメンでも中華でもいいし、また甘いモノが平気なら『あんみつ』とかでも(笑)前に彼を怒らせてしまった時、イイ感じの和菓子屋さんにつれてって美味しいお団子と濃い緑茶を奢ったら『なんか落ち着くな~』って言ってもらえました。

彼の機嫌がなおるなら1000円くらいのお茶代なんて安いモノ!」(20代・書店勤務)

……人間誰でもおなかが空けば怒りっぽくなる。女性より身体の大きな男性はことに空腹に弱い。そんな時、彼らの胃に食べ物を詰め込んで怒りを紛らわせるのもひとつの手。(笑)また緑茶に含まれる「テアニン」や「ビタミンC」にはストレス解消やリラックス効果があるのだとか……。

甘いモノの効能はなんたって女性がいちばん知っているハズ。つまり「緑茶+スイーツ」が味わえる和カフェはイライラ対処法として完璧!というワケだ。

【男性は“怒っている自分”を認めたくない!】

女性は痛感しているだろうが、男性はとてもプライドの高い生き物だ。彼らのブレない誇りは女にはとても想像がつかないほど……。
つまり彼らは「女の発した言葉で動揺した自分」「女ごときの言動で怒ったちっちぇえ俺」を認めたくないのだ。

「そんなことぐらいで腹を立てるなんて器が小さい……って思われてしまう」
「女に本気で怒るなんてカッコ悪い」
「男は泰然自若としてるほうが断然カッコイイ」

大抵の男性はそう考えていることを覚えておこう。彼らを怒らせてしまったとき、絶対に言ってはならないのが「ねえ、怒ってるの!?」という女性がとっさに使いがちなフレーズ。これは彼らにとってはカッチョ悪い自分をしつこく再確認させられることに他ならず、よけい怒りを煽りたててしまうだけなのだ。

そんな男性を「めんどくさいなあ」と思うか「可愛い!」と思うかはあなたの自由だ。けれど彼と会えた貴重な休日をただ「ケンカしてしまった日」で終わらせないために、男性の怒りの上手ななだめ方を覚えておいて損はないだろう。

●彼が急にダンマリになったら……

・環境や場所を変えてみる
・少し時間を置いて冷静さを取り戻す
・謝罪は理性的に、理由を添えて
・彼の好物を食べに行ったりカフェでお茶とスイーツなどを摂取

……ということで週末は楽しいデートを!

体験型恋愛コラムニスト・神崎桃子

お役立ち情報[PR]