お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

赤い糸は存在する!? 思いがけない出会いで恋に落ちたエピソード5選

ファナティック

思いがけない出会いで恋に落ちた日常の何気ないことがキッカケで、運命の人に出会うことがあります。合コンなどのように予期していたわけではないところでの出会いから、交際に発展したことはありますか? 今回はそんな偶然について、働く女性にアンケート調査をお願いしました。

Q.あなたは今までに、思いがけない出会いがきっかけで恋におちたことがありますか?(例:フライトが欠航になり、次の便を待っていた際に空港であったなど)

「はい」7.9%
「いいえ」92.1%

なかなか簡単にはないようですが、そんな思いがけない出会いを経験した女性もちらほらいるようです。どんな出会いだったのか、詳しく聞いてみましょう。

日常生活で非日常な出会い

・「駅構内で体調が悪くなりしゃがみこんでいたところ、心配して声をかけてくれたのが今の彼氏です」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「どうしてもその日に髪を切りたくてたまたま行った美容室のスタイリストが、家の近所のコンビニでいつも見かける人で、お互い顔を知っていたので意気投合した」(32歳/医療・福祉/専門職)

いつも使うお店や、いつも使う駅においても、出会いの場に変わることがあるようです。毎日何気なく通っている通勤経路も、いつどこで出会いがあるかわからないため、できるだけいつもキレイにしておきたいものですね。

会社関係で偶然の出会い!

・「当時働いていた会社の嫌みな上司から会社の付き合いの飲み会に誘われ、お金と時間と体力と精神を無駄にして今日が終わるんだなーと思っていたら、電話でしかやりとりのなかった人と初めて対面し、一目ぼれした」(28歳/その他/その他)

・「会社内ですれ違ってお互いに一目ぼれだったようです」(28歳/食品・飲料/技術職)

同じ会社内であっても、普段は「いつも会う人」とばかり会うのではないでしょうか。そんな中、たまにほかの職場の人と会うと、ドキッとすることがありますよね。あなたも知らない間に誰かに惚れられているかもしれませんよ。

移動中には案外出会いがある

・「フライトで3席にぎゅうぎゅうに座っていた彼が、ひとりで座っていた私の隣に移ってきて話したことがきっかけ」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「バスツアーで、一緒になったなど」(23歳/その他/事務系専門職)

少し非日常になる乗り物内。旅行中であればなおさら、その出会いが特別に見えるかもしれませんね。女友達との旅行中でも変にはしゃぎすぎず、男性から話しかけられやすい雰囲気でいることによって、出会いを引き寄せることができるかもしれません。

結婚式の2次会で

・「結婚式2次会での出会い。新婦の旦那様が私とたまたま同じ会社で、旦那の同期と恋に落ちました」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「共通の友人の結婚式2次会」(28歳/情報・IT/営業職)

出会いの場としてよく聞く結婚式2次会。しかし本当にそこで出会ってうまくいったという話は、案外聞かないものです。とは言えたくさんの男女が初対面で盛り上がるチャンスになる結婚式2次会は、本当に出会いの機能を果たすこともあるようです。

大学の行事がキッカケで

・「文化祭で他校の人と知り合って付き合った」(29歳/その他/その他)

・「大学のサークル活動で。彼は写真部。私はチアをやってました。彼は公式にカメラマンとしてがんばっていまして、結ばれました」(25歳/食品・飲料/技術職)

大学内では普段は新しい出会いは起こりにくいかもしれませんが、他校との交流がある場合には急に出会う確率がグンと上がります。「めんどくさい」なんて言わずに、まずは参加だけしてみましょう。いいことが起こりそうな気がしませんか?

思いがけない出会いがあると、「運命だ!」と感じるかもしれません。特別感を味わうことができると、恋の魔力が長続きしそうですね。普段から気を抜かないよう、キレイにしておきましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数203件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年06月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE