お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「専業主婦希望」は●%! 女子に聞いた「結婚後の理想の働き方」とは?

ファナティック

今の20代の女性たちの母親世代とは異なり、現代では夫婦共働きというライフスタイルが当たり前になっています。専業主婦は少数派ですよね。そこで今回は、働く未婚の女性たちに、このようなアンケートを採ってみました。

Q.結婚後の理想の働き方について教えてください。

●1位「このまま正社員で働き続けたい」……58.2%
○2位「パートやアルバイトなど、ペースを落として働きたい」……23.8%
●3位「専業主婦になりたい」……15.6%
※その他は除く

やはり、正社員を続けたい女性が圧倒的に多いですね。では、それぞれの回答を選んだ理由についても聞いてみましょう。

■「このまま正社員で働き続けたい」

・「もしものときのことを考えたら、自分も稼げる状態にあったほうがいいと思うので」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「やはり旦那さんの収入だけでは不安だから」(22歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「今の職場で育休などがしっかりとれると思うので」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「専業主婦は向いてないし、今の職場が楽しいから」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

「仕事が好き」「仕事にやりがいを感じる」のように、仕事にポジティブな意見を持っている女性は少なく、正社員を続けたい主な理由は「家計を支える収入が不安だから」というもの。今のご時世、確かに男性だけの稼ぎでは不安なのかもしれません。

■「パートやアルバイトなど、ペースを落として働きたい」

・「子育てのこともあるし、一生男張りに働くのは嫌だ」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「フルタイムで働きたくない。短時間勤務で家のこともきちんとしたい」(26歳/情報・IT/営業職)

・「働いていたいと思うが、子どもが小さいうちは子どものそばになるべくいたいので、時間を比較的決められる仕事をしたいから」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「子どものことなども考えると、フルタイム勤務は不安が大きい」(26歳/医療・福祉/専門職)

正社員とまではいかなくても、パートタイムで働けば、そこそこの稼ぎにはなります。子どものことを考えると、これくらい仕事をセーブしたほうが、子どものための時間を作れるのかも。

■「専業主婦になりたい」

・「家事を完璧にこなす自信がまったくないから。彼のお母さんは、話を聞いている限り完璧な人で、比べられたり、それが当然だと思われそうで嫌だからきちんとこなしたい」(23歳/医療・福祉/専門職)

・「働きたくないから」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「特に出産したら、子どもと一緒にいたいから」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「もともと働くのが好きなわけではないから」(24歳/機械・精密機器/営業職)

家事や育児に専念したい人は、やはり専業主婦志望のようです。男性の稼ぎが安定し、それだけで家計を賄えるのであれば、選択肢としてそれもありですね。

20代女性の結婚後のビジョン、いかがでしたか? 働くか働かないかのネックはどうしても「お金」が理由になります。将来の選択肢を増やしたいのであれば、今からお金を貯金するなど、対策を考えておくといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年5月にWebアンケート。有効回答数122件(22歳~29歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]