お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

シングル女子必見!? 彼氏を作るのにピッタリなおすすめスポット4選!

Spinof Design(スピノフ デザイン)

「出会いがない……」「まわりにいい人がいない」「彼氏がいないので、休みの日や早く仕事が終わった日がヒマ」という悩みを抱えている方に朗報です。200人以上の働く女性に「男性との出会いはどこにありますか?」と聞いてみたところ、主に4つのパターンがあることがわかりました。いつもとちがう行動を起こすことで、いい出会いの確率がグンと上がるようです。

■友だちつながりや、安心の勉強会、習い事

・「コンパとか異業種交流会。ちゃんとした人がいるから。」(28歳/金融・証券/営業職)
・「新しい仕事をしたり、習い事をする。」(32歳/金融・証券/営業職)
・「友だちにWデートを頼む。」(24歳/不動産/事務系専門職)

新しく彼氏を探すとなると、「素性がきちんとしている人」というのが必須の確認条件になります。気心の知れた友だちからの紹介ならその心配は減りますし、異業種交流会や習い事はしっかりした人が参加していることが多いです。社会人サークルはいろいろなところで開催されていて、仕事帰りにサクッと参加できるものもあります。目的が出会いではなくても、見聞を広めるために参加した集まりで、たまたまいい人に出会えることもありそうです!

■アウトドアやジム、お店などの人が集まるところ

・「海とか。」(24歳/生保・損保/営業職)
・「運動サークルやBBQなど、大勢がいる場所。その人の普段の『他人に対する接し方』などもわかるから。」(32歳/クリエイティブ職)
・「ダーツバーなど。」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「バー。出会いは特にないけれど、多くの男友だちができた。」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「登山。男性が多いから。」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

バーベキューで気遣いのできる男性は、すごくポイントが高いですよね。準備や調理、洗い物を率先してしている姿に性格が表れます。バーは軽くお酒も入っていて、照明の雰囲気もあって話しやすかったりするようです。山ガールが定着して久しい昨今。ブームの遥か昔ですが、私の両親の出会いは登山だったりします。

■スポーツ観戦やプレー、ジムに通う

・「野球やサッカーの試合を見に行くといいと思います。」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「スポーツ場。バスケットやフットサルを応援に行くと出会いがある……気がする。そのあとも見に行くことが多いから。」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「スポーツクラブや趣味のサークル。趣味が同じだと、話も自然とできるから。」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「テニスサークル。」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「ジム。まじめな人が多いから。」(28歳/電機/技術職)

応援しているプロスポーツのチームが同じだと、出会って間もない男女でもすごく盛り上がりますよね。若者の定番のスポーツ、フットサルは男女混合でもできるので、女性参加者も歓迎されます。ちなみに女性がシュートを決めると2点加算されます。私は独身のころ、ジムで知り合ったグループと飲み会をしたり大会に出たことがあります。退屈な毎日に、新しい世界が加わりました。

■定番のコンパやオフ会、婚活パーティー

・「オフ会。けっこういろんな人と出会える。」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「合コン会社が開いてるようなパーティーなど。」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「お見合い。」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「婚活パーティー。友だちとノリで行った。」(29歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「合コン。身元が割れてるから。」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

婚活パーティーって身構えてしまうのですが、私が参加したときは「会社の同僚と一緒に、なんとなく来てみた」という男性もいらっしゃいました。3人の男性から連絡先をもらって、ほっとした覚えがあります。企業が主催しているイベントなら、身分証の提示などがしっかりしているところを選びたいですね。結婚につながる出会いを求めている人、彼氏に求める条件がしっかり決まっている人なら、お見合いもいいかもしれません。普段聞きづらい、家族構成や仕事のことなどをじっくり話せるチャンスです。

■番外編:「出会いを求めて出かけないな~」という声も

・「会社。学校や会社で出会った人としか、付き合ったことがないので。」(33歳/金融・証券/専門職)
・「どこかの場所に行こうとは思わない。誰かに紹介してもらいたい。」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「取引先。自分の場合、会社同士の飲み会で今の相手を見つけたので。」(28歳/主婦)
・「あまり出会いを求めていないので、男子と話したいときはストレートにホストクラブに行きます!」(33歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「出会いを求めなくても、職場や通勤の場で声をかけられるので、あえてどこにも行かない。」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

身の回りにいい人がいたという方もいらっしゃいました。童話の「青い鳥」のように、ここではないどこかではなく、幸せはすぐそばにあったのかもしれません。インターネットの発達によって、出会いの可能性は広がりましたが、実際に出会える人は限られています。動かずじっくり探してみるのも、ときにはよさそうです。

以上、まとめてみると

□パターン1:友だちに連絡をとったり、勉強会や習い事に参加してみる
□パターン2:アウトドアや雰囲気のいいお店など、人が集まるところに出かける
□パターン3:スポーツにきっかけあり
□パターン4:あえて婚活イベント・サービスを利用してみる
□番外編:ときには外に出会いを求めず、まわりの人をじっくり観察してみる

……という風に、総じて新しいことをはじめることにチャンスがありそうです!

(Spinof Design)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年4月にWebアンケート。有効回答数229件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]