お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うぅ、ツラい……! 女性が春先になると感じる「肌トラブル」と「対策法」

ファナティック

季節の変わり目は、体調を崩しやすくなるもの。女性にとっては、体調だけでなく「肌トラブル」を感じることも少なくないようです。そこで今回は、女性のみなさんに「春先になると感じる『肌トラブル』とその『対策法』」について聞いてみました。

■花粉のせいで……

・「花粉症なのもあるけれど、肌がかゆくなるときがある。花粉症の薬を飲んだり保湿のクリームを塗ったりする」(31歳/不動産/専門職)

・「花粉のせいで肌が荒れてしまうので、刺激の少ない化粧品を使ったりマスクや花粉ガードスプレーで肌にバリアをしています」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「花粉症のせいか、肌が荒れます。薬を飲んだり、マスクしたり、とにかく気をつけています」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「花粉症がひどいと肌も赤くなって荒れるので、なるべく直接花粉が付着しないように、化粧を厚塗りにする」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

春ならではの肌トラブルとして、花粉症によって引き起こされるかゆみなどが多いようです。鼻水が出てたくさん鼻をかんでいると、鼻まわりが真っ赤になることも……。

■乾燥が気になる

・「ところどころ乾燥する。冬用のクリームを塗る」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「冬が終わって油断するからか、乾燥がひどい。毎日パックする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

暖かくなったからといって、乾燥していないわけではありません。ちょっと汗ばむような気候になったからと、スキンケアを怠ると痛い目に……。しっかり保湿をして、うるおいをキープして!

■吹き出物ができる

・「ニキビが気になります。なるべく睡眠を多くとるようにしています」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「肌がムズムズし、吹き出ものができる。対策は毛穴に汚れがたまらないように、半身浴で毛穴を開いてから、洗顔する」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「必ずニキビができるので睡眠を多くとることと、化粧品を敏感肌用に変える」(26歳/情報・IT/営業職)

春先は肌もゆらぎやすく、吹き出物ができやすくなるようです。しっかり睡眠をとって肌の調子を整えたり、ていねいなスキンケアを心がけるなどして、吹き出物に負けない肌づくりをしているようです。

■毛穴がパックリ、お鼻テカテカ

・「テカりと毛穴の開き。保湿をして、毛穴引き締め効果のある化粧水を使う」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「春になると特に皮脂が出て毛穴がつまりやすいので、メイク落としと洗顔を欠かさず行い、たっぷり保湿する」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「友人は乾燥肌からテカり肌に変わるため、油とり紙を使っている」(31歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

乾燥しやすい冬から、一気にテカりが気になるようになるという人も多いみたい。皮脂分泌が活発になると、テカりだけでなく毛穴の開きやつまりもあらわれるように……。

ポカポカ暖かく、ウキウキした気分にもなれる春の季節に、肌トラブルのせいで何だかどんよりした気分……というのはもったいないですよね。適切なスキンケアを心がけて、つるつる素肌で過ごしたいものです!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数236件(22歳〜34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE