お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ねえ、キスして? 男性が思わずキスしたくなる3つのテクニック

ファナティック

大好きな彼とのキスは、大きな幸福感を得られる行為のひとつ。不意に「キスしてもらいたいな」と思うこともあるけれど、直接的な言い方で「キスして」とおねだりするのはちょっと恥ずかしいですよね。そこで今回は、働く女性たちに言葉で直接伝えずに、彼に「キスしたい!」と思わせるテクニックを教えてもらいました。

■じっと見つめる

・「近くで目をじっと見つめる。確実です」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「『ん』といって顔を見つめる」(27歳/電機/営業職)

・「いい雰囲気の中でじっと見つめる」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「そっと肩を寄せる。寄りかかってみる。顔を近づけて目を見つめる」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

「目は口ほどに物を言う」なんて言いますが、じっと相手の目を見つめて黙り込めば、大体の男性であれば空気で察し、キスをしてくれるはず。

■くちびるを動かす

・「アヒル口をする」(32歳/情報・IT/技術職)

・「口を尖らせたりパクパクしたりして、口に注目を集める」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「目を閉じて爪先立ちでくちびるを尖らせる」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「口をぱくぱくしてチューアピール」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

くちびるを動かすことによって、「あ、キスしてほしいんだな」と察してもらうテクニック。こういうことをすぐに察してくれる彼ならステキですよね。

■きちんとケアされたくちびる

・「口がやはりかわいくて、『食べちゃいたい!』と思うようなつるつるのくちびる(グロスがなくても)」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「くちびるをツヤツヤぷるぷるにしておく」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「リップケアしてキレイなくちびるを保つ」(32歳/情報・IT/技術職)

・「いつもとちがうグロスをつけて、『この色どう?』と聞く」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

「キスしてほしい」というサインを送るだけではなく、「そのくちびるに触れたい!」と思わせるような魅力的なくちびるをキープすることも大切です。

あまりキスをしてくれない彼より、愛情表現を豊かにキスしてくれる彼のほうが、魅力的ではないでしょうか? 恥ずかしくてなかなかキスをしてくれない彼でも、思わずキスしたくなるような3つのテクニックを、ぜひ身につけてください!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数 女性178件(22~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年04月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE