お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

みんな、いくら払っているのかしら? ひとり暮らし女子は家計もしっかり把握! 光熱費、水道、ガス代は月々いくらかかってる?

ファナティック

一人暮らしって、実家暮らしとちがって、自由なことがたくさんありますよね。何時にお風呂へ入ろうが、遅くに帰ってこようが、誰にも文句を言われない自由を感じている人は多いことでしょう。しかし、一人暮らしだからこそ、家のすべてのことは自分でしなければなりません。その中でも、家計の管理って大変ですよね。食費に光熱費……スマホの家計簿を使っている人もいるのでは? そこで今回は働く女子たちのそんなお財布事情について聞いていました。

Q.ひとり暮らし経験者への質問です。毎月の光熱費、水道代、ガス代の合計は大体いくらですか?
●1位「6,001~9,000円」……32.5%
○2位「9,001~12,000円」……22.5%
●3位「3,001~6,000円」……17.2%
○4位「3,000円以下」……13.9%
●5位「15,001円以上」……9.3%
○6位「12,001~15,000円」……4.6%

ぐっとおさえている人から、けっこう使っている人までさまざまですね。では一番回答が多かった順からその内訳を見ていきましょう。

■1位「6,001~9,000円」

・「地味に暮らしてたらこのくらい」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「一年平均すると光熱費3,000円、水道代2,000円、ガス代3,000円前後なので」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「それぞれ3,000円ずつくらい。ひとりならシャワーも多いし、あまりかからない」(30歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

約三人に一人のひとり暮らし女子が選らんだこの回答。みなさん、そこまで節約はしていなくても、何か一つ突出しなければこれくらいという感じなのでしょうか。

■2位「9,001~12,000円」

・「電気代と水道代が各3,000円、ガス代が6,000円ほどです」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「オール電化で電気代7,000円、水道代2,000円程度」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ガス3,000円、水3,000円、電気5,000円くらいです」(28歳/学校・教育関連/専門職)

1位の回答よりも、ちょっとだけ高額のこちら。オール電化はやはりガス代が掛からない分、電気代が掛かりますよね。毎日湯船につかる人は、ガス代と水道代も占める割合が大きそうです。

■3位「3,001~6,000円」

・「水道約1,500円、ガス約2,500円、電気約1,300円」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「水道は固定で1,400円、電気が500円、ガスが1,800円くらい」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ひとり暮らしだったときは仕事が多忙でほとんど家におらず、湯船につかることもなかったため、電気3,000円、ガス2,000円くらいでした」(32歳/医療・福祉/専門職)

こちらはぐっとコストを抑えた回答です。せっかく自由を謳歌(おうか)できるひとり暮らしでも、忙しいと本当にお風呂と眠るためだけの場所になってしまうため、あまりお金が掛からないのでしょう。

■高い理由、安い理由

・「15,001円以上。電気1万、ガス5,000円、水道4,000円エアコンとお風呂でだいぶ使った」(24歳/情報・IT/技術職)

・「3,000円以下。会社が出してくれていたので内訳を知らない」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「15,001円以上。冷え性なので、暖房代とガス代」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

冬場の暖房器具が消費するガスと電気はばかにならないですよね。寒いから、とうっかりつけっぱなしにして、請求書を見てびっくりする人も多いことでしょう……。また、破格の3,000円以下という人は、何らかの特別な事情があるようでした。

ひとり暮らし女子たちのお財布事情、いかがでしたか? 自分の月々の支払いは、大多数の意見より、高かった、低かった、などなど思うところもあったかと思います。「ちょっと使いすぎかも……」という人は、春から心機一転、節約を心掛けてみるのもいいでしょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年3月20日~30日にWebアンケート。有効回答数186件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

※この記事は2015年04月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE