お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

コレは使える! 一度だけ会った男性からの合コンを断る言い訳4選「彼氏のいない女友だちがいない」

ファナティック

合コンでは、さまざまな異性との出会いが楽しめるもの。しかし、ときには「面倒だな」と思ってしまう出会いもありますよね。中でも女性人気が低いのが、「一度会っただけなのに、『合コンしようよ!』」と持ちかけてくる男性……。こんなときに使える断り文句を、女性たちに教えていただきました。

■テクその1、仕事を理由に

・「今は重要な仕事が入っていてそれどころじゃないから、落ち着いたらね」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「『仕事が忙しくて……』と断ると探られなさそうだから」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「忙しい。暇になったら連絡する」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

多くの女性が実践している断り方と言えば、こちら。「とにかく仕事を言い訳にする!」という方法です。「異動」や「新プロジェクト」、「同僚の退社」など、バリエーションが豊富なのもうれしいところ。とはいえ、再度連絡されても困りますから、「暇になったらこっちから連絡するね」と言い添えるのがベストです。

■テクその2、彼氏を理由に

・「彼氏ができたから合コンできないと言います」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「彼氏のいない女友だちがいないからムリと言う」(30歳/電機/事務系専門職)

仕事とともに目立ったのが、「彼氏」を理由にするテクニックです。面倒な場合には「自分の彼氏」を、そして誤解されるとマズイ場合には「友だちの彼氏」を理由にしましょう。これでも引いてくれなければ、相手はかなりのワガママ男かも!?

■テクその3、とにかく曖昧に

・「そのうちにね、とお茶を濁します」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「時間があったらねくらいで、話を流すと思う」(29歳/その他/その他)
・「笑ってごまかして何も答えない」(22歳/学校・教育関連/専門職)

微妙なニュアンスで相手をノックアウトする、高度なテクニックを紹介する意見もチラホラ。明確な理由を言わないことで、「嫌がっている」雰囲気をストレートに伝えられます。空気を読む大人同士なら、きっと効果は抜群です。二度とその話題は出ないでしょう。

■テクその4、ズバリ……

・「主催するのめんどくさいから嫌いなんだよね」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「友だちが少なくて人数を集められない。と言う」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

自分の現状をズバリ伝えてしまう! という意見も目立ちました。「合コンを持ちかける」=「相手は自分に興味がない」ということです。どう思われても構わない! と覚悟を決めれば、きっと素直に伝えられるはず……!?

一度しか会ったことがないのに、「合コンを開いてよ」と言われたら、女性としてはぶっちゃけ微妙なものです。どう断ればいいのか……と悩んだら、ぜひみんなの知恵を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数210件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]