お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ちょっと付いていけない……。恋愛依存症を疑ってしまう女友だちの特徴3選

ファナティック

あなたのまわりには、彼氏にどっぷりはまってしまっている女友だちはいませんか? 好きなのは仕方ありませんが、中にはちょっといき過ぎかも……という人もいるかもしれません。そこで20代から30代の働く女性たちにこんな質問をしてみました。

Q.まわりに恋愛依存症なのではないかと思う女友だちはいますか?

 「いる」……19.1%
 「いない」……80.9%

2割ほどの女性が、まわりに恋愛依存症かと思うような友だちがいると答えています。どんな特徴があるのか具体的に見てみましょう。

■彼氏中心の毎日

・「彼氏が中心に生活している子」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「毎日、何十回も彼と連絡を取り合っている」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「彼氏が出来ると、スマホを離せなくなる」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

「彼氏がいないと生きていけない!」といった女性、確かに聞いたことがありますよね? 自分をなくしてしまって、彼氏が生活の中心になっているのは、決して健全な恋愛とは言えない気がします。

■いつも誰かと一緒にいたい

・「本命がいつつ、保険としてほかにも男を作ろうとする」(32歳/小売店/販売職・サービス系)
・「取っ換え引っ換え男がいて、尽きたことがほぼない」(28歳/医療・福祉/専門職)

いつだって男性がそばにいてくれないとダメ、という女性も恋愛依存症と言えそうです。付き合っている男性たちも、あまりにも依存が重くなりすぎると離れていってしまうかもしれませんね。

■相手は誰でもいい?

・「寂しくなるとすぐ体の関係を持つ」(26歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「常に男の話題が尽きない」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

寂しくなると、体の関係を持つ女性もいるようです。相手が誰、ということはあまり関係がなく、ただただ寂しさを埋めるだけなのかもしれません。かえってむなしくなってしまいそうな気がします。

恋愛依存症だと思う女性の特徴、いかがでしょうか? 少なからずちょっとは当てはまるかも……と思うことはあっても、やはり行き過ぎは禁物。自分ひとりでもしっかり生きている強さも、女性には必要な気がします。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年3月にWebアンケート。有効回答数209件(22歳~34歳の働く女性)。

※この記事は2015年03月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE