お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 結婚

スピード結婚の実態~期間、離婚率、後悔しない方法~

中村はるみ

プロに聞く! スピード結婚の実情と後悔しないコツ

bride-groom-1050290_640

続いて、数々の夫婦の悩みを解決してきた、夫婦円満コンサルタントの中村はるみ先生に、スピード結婚の実情を伺いました。さらに、スピード結婚で後悔しないコツについても教えてもらいましたよ。

スピード結婚の離婚率

hands-1246170_640-1

まずは、スピード結婚の離婚率について伺いました。やはりスピード結婚はスピード離婚となりやすいのでしょうか?

エモリー大学の研究によると、3年間以上の交際を経て婚約したカップルは、交際期間1年未満で婚約したカップルと比べて、離婚する確率が39%も低いというデータがあります。しかし、交際期間が2か月未満のスピード婚が、交際期間1年未満の離婚率を押し上げていると私は考えます。

「交際期間1年未満婚」には次の2種類があります。

1)直感だけで結婚した勢いのスピード婚。知り合って結婚まで2か月以内
2)家庭・子ども・将来設計・SEXの相性を話しあう現実型婚

交際期間半年~1年未満婚はスピード婚に入らないと私は考えます。さらに、交際3年以上の離婚率は意外と高いです。それは、恋愛ホルモンの分泌の最長が3年であることと関連していると考えます。マンネリ化した状態での結婚は不満が多くなりがちなので、交際3年以上の離婚率が高くなると考えられます。

 

スピード結婚を後悔しやすい理由

bride-groom-845728_640

スピード結婚はそれなりに交際期間のある結婚に比べて、後悔しやすい傾向にあるようなのですが、それはなぜなのでしょうか。

結婚には、弾みが必要です。ですが、生活を共にする結婚を弾みだけで始めてしまうと後悔をします。後悔をしやすい理由は、自分の価値観を知って、相手の価値観と合うかどうかを見極める時間が足りないせいだと考えられます。

結婚前にお互いチェックすべき価値観

1.金銭感覚

金銭感覚についてしっかりと押さえておくことが必要です。例えば、買い物をするときにローンを組むタイプなのか、外食や旅行によく行くタイプなのか、といったことを把握しておきましょう。旅行に関しては「貧乏旅行」・「キャンプ」・「豪華旅行」・「そのときの状況によって変える」そのどれを選ぶのかなどまで知っておけるといいですね。また普段はケチでも、投資にはお金をかけるなども確認しておきましょう。

2.家庭に対する優先順位

仕事、家庭、プライベートなどの優先度の確認とすり合わせが重要です。「残業はあたりまえ、仕事第一」「プライベートを充実させるための経済的手段が仕事」「仕事は自己実現の場でもあるので、家庭も仕事も大切」「アフター5は夫婦でのんびりと過ごしたいので残業はしない」「友人とのプライベートが家庭よりも大切」などのお互いの考えをすり合わせておきましょう。

3.子どもについて

子どもを欲しいか、欲しくないか、必要ならば不妊治療も考えるのか? 子作りのための努力をどの程度するか? 子どもは何人か? このような夫婦関係に家族としての意識の確認は重要です。同時に、妻の本能と言える子どもが欲しい願望と妻のキャリア形成への夫としての配慮の確認も大事です。

4.将来設計

家の購入・親と同居・将来住みたい町・独立・財産形成など将来設計を話し合っておきましょう。お互いの借金・保険などの考えも聞いておくのがいいでしょう。これらのことで将来設計の根本を揃えることも大切です。

5.性生活

性に対しての意識は男女では異なります。性生活に不和が起きないようにお互いの性欲に対する考えを伝え理解することが肝心です。セックスレスは離婚への切符とも言えるぐらい大事なこと。性生活は男心と女心を満たし、ズレを予防するための、男女の肌の会話です。ここの価値観のすり合わせはとても重要です。

 

スピード結婚を成功させるコツ&後悔しないコツ

wedding-1255520_640

年齢的な理由などからも、できたらスピード結婚したい女性もいますよね。ネガティブなこともあるスピード婚ですが、どのようにしたら後悔することなく成功するのでしょう?

前述と重複しますが、お子さんが欲しいなら、金銭感覚のチェックはマストです。スピード婚をするなら短期間に見極めておく必要があります。例えばお見合いでは相手男性の経済力のチェックはできますが、金銭感覚は判りません。意外と高給取りほど、お金を使いますので渋いこともあります。また自分に使うが妻には使わない男性も多いです。このあたりを短期間で見極められないなら、スピード婚は見送った方が無難でしょう。

次に、子作り、子育てに協力してくれるかどうかの確認は必須です。妻が望むなら不妊治療の経済的、体力的、精神的協力をし、子育てにも関わる気持ちがあるかないかを結婚前に話し合っておきましょう。

ここまでクリアしたなら、家庭に対する優先順位は自然とクリアするでしょう。将来設計は男性の話を聞き、結婚した後で妻が夫と子の関係性を深めた後(お父さん子にすること)で、すり合わせることもできます。

先ほども述べましたが、性生活は男女の肌の会話です。結婚を後悔しないためにも、いつまでも男女関係を楽しんでください。性生活の充実が子作りにも、子どもがいなくても、後悔しない夫婦生活のコツです。

次ページ:まとめ

お役立ち情報[PR]