お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

束縛してない? 「干渉しない」恋人になるコツ

織田隼人(心理コーディネーター)

彼氏のことが好きすぎると何かと干渉したくなるもの。しかし度がすぎると相手を束縛することになり、別れの原因になることもありますよね。そこで今回は、彼氏を束縛しないような「干渉しない付き合い」をするコツについて調べてみました。

束縛する男性 VS 干渉しない男性

恋人に干渉しない付き合い方を探る前に、まずは「束縛する男性」をどう思うのか、女性に聞いてみました。

女性が好きな男性は「干渉しない男性」

束縛が激しい男性とまったく干渉しない男性では、どちらが好ましいか女性に聞いてみました。

Q.束縛が激しい男性かまったく干渉しない男性、付き合うとしたらどちらがいいですか?

束縛が激しい男性(15.2%)
まったく干渉しない男性(84.8%)

結果は「まったく干渉しない男性」を支持する女性が約85%と非常に多くなりました。極端な例ではありますが、束縛することは普通は嫌われるようですね。

「干渉しない男性」がモテる理由

なぜ「干渉しない男性」のほうが好意的に見られるのでしょうか? 上の質問で「まったく干渉しない男性がいい」と回答した人に、その理由を聞いてみました。

自分の時間を確保したい

・「自由にすごせる」(27歳/情報・IT/営業職)

・「過去に激しく束縛されて耐えられなかったから。自由にしておいてほしい」(22歳/その他/その他)

・「束縛が激しい男はかなりストレスになるが、まったく干渉しない男性だとこちらの考え方次第で時間を自由にアレンジできるから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

自由を愛する女性にとって、束縛が激しい男性は自分の自由を脅かす存在でしかないようです。

束縛が激しい男性の性格って……

・「束縛が激しい・監視が激しい男はうんざり!!」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

・「束縛が激しくて友だち付き合いを制限されたことがあるから」(25歳/金融・証券/営業職)

・「ストーカーになってほしくないから」(22歳/医療・福祉/事務系専門職)

束縛が激しいと、どうしても相手に監視されている感覚になりますね。彼氏をストーカーのように思ってしまうのは悲しいことです。

一部の女性は彼氏に「干渉されたい」

多くの女性が「干渉しない男性」を好む一方で、「束縛が激しい男性が好き」という女性もいます。少数派ではありますが、気になるその理由を聞いてみましょう。

愛を実感できる

・「干渉されないと愛されているのか疑問に思うから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

「かまってもらえないほうが悲しいから」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

あまりにも干渉されないと、本当に愛されているのか自信を失いそうになる、という女性もいるようです。

付き合う意味がない

・「まったく干渉をされないと、お互い自由になってしまい付き合っている意味がわからなくなるから。干渉されているほうが愛されている感じがする」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「付き合うなら、いつも相手に気にかけてほしいと思ってしまうので。できるなら束縛してくれるほうがうれしいと思うから」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

付き合っているのに、お互い勝手な生活を送るのでは、付き合っている意味が見いだせなくなるかもしれませんね。

基本的には束縛されるような干渉は嫌われますが、あまりに干渉されないとちゃんと付き合えているのか不安に思うようです。相手が窮屈に感じないほどに干渉する、「適度さ」が大事なのかもしれませんね。

次ページ:彼氏に干渉しないコツ

SHARE