お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うれしすぎる! 「センスがいいと思ったホワイトデーの“お返し”」4選

ファナティック

ホワイトデーは男性の贈り物に対するセンスが問われる重要な日です。選ぶお返しで、女性に対する意識の差が歴然と出るのも事実。では、女性たちはどんなお返しにセンスのよさを感じるのでしょうか? アンケートで聞いてみました。

■女心を理解したお返し

・「義理チョコのお礼にロクシタンのハンドクリームをくれた人がいた」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「私が好きだと知っていたのか、おいしいチーズケーキを何種類もアソートしてプレゼントしてくれました。こちらが好きなものをさりげなく覚えていてくれて、しかも気前よくかなりの量をプレゼントしてくれた気持ちがうれしかったです」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「香水。彼氏でもないけれど、付けてみてほしい香水と言われていただいたときにはうれしかった」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「レースのハンカチ。1枚は持っていたいものでも、自分ではなかなか買えないものだから。ここぞ、と言う日に大切に使っています」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

義理チョコを渡したはずなのに、下手したら好きになってしまうんじゃないかと思うような素敵なお返しをもらった女性たち。こういう男性はモテますよね。

■純粋にうれしい!?

・「現金、一万円札」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

これは父親からのお返しでしょうか……。もし他人からだとしたら、うれしいのかどうなのかなんだか複雑な気持ちになりそうです。

■贅沢すぎるお返し

・「素敵なホテルに泊まったときはうれしかった」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「シャンパンとシャネルのアイライナー。どちらも大好きだからうれしかった」(28歳/金融・証券/営業職)

・「ディナーチケット。贅沢で消耗品だから」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

ホワイトデーにこんな贅沢をさせてくれるなんて、バレンタインにがんばったかいがあるってもんです。

■お菓子ならこれで!

・「シェシーマのお菓子。知る人は知っている都会のお菓子だったので、すごいと思いました」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「帝国ホテルのスティックケーキ」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「女性に人気のマカロン。よく調べているなと思った」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自分へのご褒美でも買わないような高級なお菓子をもらった女性も。その男性を見る目が変わってしまいますね。

さて、あなたはどんなお返しを期待していますか? こんな素敵なお返しをもらったなら、来年のバレンタインも気合が入りますね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数178件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2015年03月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE