お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

実はあのキャラは、あのセリフをあんまり言ってない―「やられたらやり返す、倍返しだ!」は4回

アニメや漫画、ドラマなどに登場する「名ぜりふ」「決めぜりふ」。その中には、一般によく知られているのに、実は回数を数えるとあまり言われていないものがあるのです。今回はそんなせりふをご紹介します。

【もし声優をやるとしたら、演じてみたいキャラクターは?】

●「やられたらやり返す、倍返しだ!」
2013年の大ヒットドラマ『半沢直樹』。半沢直樹の決めぜりふといえば、この「やられたらやり返す、倍返しだ!」ですが、このせりふが何回使われたかご存じでしょうか。

半沢直樹は全10話でしたが、この名ぜりふがこのとおりに使われたのは全部で4回です。意外と少ないと思われませんか? また、半沢直樹自身が「倍返し」という言葉を使ったのは計6回(先の4回を含む)、「10倍返し」は2回、「100倍返し」が1回です。

●「アムロ、行きまーす」
『機動戦士ガンダム』で最も有名なせりふというと、アムロがガンダムに登場して出撃する際のこのせりふではないでしょうか。でも、実はこのせりふ、このとおりに発言されたのは、ファーストテレビシリーズ全43話の中の第21話、開始13分40秒後ぐらいに発言される一度きりです。

他は全て、単に「行きまーす」だったり「アムロ、ガンダム、行きまーす」だったりします。脳内再生のおかげでこのように覚えているのかもしれませんね。

●「お前はもう死んでいる」
『北斗の拳』で最も有名なせりふといえば、ケンシロウの決めぜりふとして知られているこれではないでしょうか。アニメでは、神谷明さんの渋い声で何度も聞いたのですが、実は原作ではこのとおりのせりふは1回使われるだけです(カサンドラ編)。

第1話でケンシロウが初登場した際のせりふは「お前はもう死んでる」ですし、最終話でのケンシロウのせりふは「お前は既に死んでいる」です。

●「真実はいつもひとつ!」
『名探偵コナン』の主人公にして日本を代表する小学生名探偵、コナン君の決めぜりふとして有名です。アニメで多用されているので、コナン君といえばこのせりふ! と思われているのですが、実は原作漫画では全く同じせりふは登場しないようです。

原作漫画ではあまり使われていないのに、アニメになって多用されるせりふがあるようですね。また、多用されたと思ってもそれが単に印象だったりすることもあるようです。

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]