お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

もはや黒歴史に……集合写真が苦い思い出に変わる瞬間「パンツが見えてしまいマジックで塗られていた」

藤井蒼/OFFICE-SANGA

集合写真をとる人々写真は真実を写すといわれますが、「これはわたしじゃない!」と、叫びたくなったことはありませんか? うっかり目を閉じてしまったり、光の加減でホラーな表情になってしまったり……。そこで今回は、集合写真にまつわる悲劇を働く女性に告白してもらいました!

■タイミングが悪かった

・「前髪を切りすぎたすぐに、とる羽目に」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「パーマに失敗し、その姿で撮影日を迎えた」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分の長い髪が顔にかかり、自分の顔が映らなかった」(27歳/情報・IT/技術職)・「風がすごくて全員の髪が逆立ってしまった」(25歳/不動産/事務系専門職)

撮影日だからと気合いを入れて臨んだのに、空回りしてしまったケースですね。はりきっていただけにショックも大きい!

■公開処刑だー!

・「隣にクラス一かわいい子がきてしまって引き立て役になってしまった」(27歳/ソフトウェア/技術職)

・「色白の友達に挟まれて色黒だと思われた」(27歳/人材派遣・人材教育/事務系専門職)

・「小顔でスタイルのいい友達の隣に並び、手足の短さや顔の大きさなどが強調されてむなしくなった」(32歳/医療・福祉/専門職)

友だちのことは大好き。でも、美人の隣に立つことはコワいのです……。

■どうして私だけ!?

・「私だけ目をつぶってた」(31歳/その他)

・「病み上がりで顔面蒼白状態。思いっきり顔色の悪く写っていました」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「一人だけ飛び出てしまった」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「クラスのみんなが背が低くて、自分だけ異様な巨人風に写ってしまった」(28歳/その他)

・「自分だけ謎の強風の写真」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

みんなはいい顔で写っているのに、なぜか自分だけヘンな顔に……。呪われているのでしょうか?

■立ち位置にも気をつけて!

・「端の方に写ると顔が歪んでいる」(28歳/金融・証券/営業職)

・「太陽光が眩しくて目が細く写ってしまった」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

学生時代は背の順や名前の順だったりして、場所を選べないからこのような悲劇が……。

■本来の私の姿じゃない!

・「前日ににきびが大量発生。情宣紙にのるのに(3,000枚近く印刷される)、恥ずかしい」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「タートルネックを着ていて太って見えた」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「撮影されたときに私が横を向いていたので、角度的に顔が大きく見えるようなアングルになってしまった」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ちがうの! 本当の私はもっとかわいいの! そんな悲痛な叫びが聞こえてきます。

■最前列の悲劇

・「高校のとき、集合写真の前列で足を開きパンツが見えてしまい、マジックで塗られていた」(32歳/生保・損保/営業職)

・「前列に座ったとき、完全にひざが開いていた」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「前かがみになりすぎてブラが見えていた」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

油断したばかりに最悪の結果が……。他の人もこの写真を持っていると思うだけでジタバタしてしまいます。

■黒歴史すら残せない……

・「スケートの遠足で、普通に立つこともできなくて集合写真の撮影場所までたどり着けなかった」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「卒アルの部活のページで一人風邪をひき、右上に小さな枠で載せられた」(25歳/食品・飲料/技術職)

これもよくある残念な話。ヘンな顔でも記念に残っているだけマシ!?

コメントを読んでいるうちに、封印したつもりの悲しい思い出がよみがえりました……。社会人になっても、歓送迎会などで集合写真を撮影することがあるので油断できません。同じあやまちを繰り返さないようにご注意を!

(藤井蒼/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数242件(22~34歳の働く女性)

※画像は本文と関係ありません

お役立ち情報[PR]