お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

春の香りのフルーツティー!栃木県産とちおとめ果汁使用の「午後の紅茶」登場

「キリン 午後の紅茶 春をいただく とちおとめティー」

キリンビバレッジは、3月3日より「キリン 午後の紅茶 春をいただく とちおとめティー」の販売を開始する。

【美味しくて綺麗で美肌成分豊富!女子会の会話も弾むフルーツティーの秘密】

今年が発売より30周年となる「キリン 午後の紅茶」では「日本を彩る季節の気分と旬の果実のおいしさを提供するフルーツティー」をコンセプトとした、新シリーズを開発していく予定で、本商品はその第一弾となる商品。

「春をいただく とちおとめティー」で、使用している苺のとちおとめ果汁は栃木県産のもの。香り豊かなとちおとめと、紅茶の合わさったフルーティーな香りと味わいを楽しむことができる。

パッケージは苺を連想させるピンク色をベースに、中央には籠いっぱいのフレッシュな苺が描かれている。
背景には桜の模様が入っており、「日本の春」のイメージを演出している。500mlの紙パック入りで、希望小売価格は100円(税抜き)。

お役立ち情報[PR]