お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

アラサーの節目に襲いかかる究極の二択! 「寿退社」vs「バリキャリウーマン」、うらやましいのは?

ファナティック

アラサーになると、そろそろ「結婚」も気になってきます。寿退社にあこがれる方も多いのかもしれませんね。その一方で、ここまで積み上げてきたキャリアを捨てるのは、なんだかもったいないような気も……。こんな二択で、アラサー女子たちの本音を探ってみました。

Q.あなたはどちらがうらやましいですか?

「彼氏を作って、早々に寿退社」……57.0%
「バリキャリウーマン」……43.0%

「寿退社」のほうがうらやましい! と感じる女子が多いことがわかりました。しかし、4割以上の人がバリキャリにあこがれていることも……。それぞれを選んだ理由も教えてもらいましょう。

<「早々に寿退社」のほうがうらやましい! と感じる女子の意見>

■ザ・女の人生

・「女はなんだかんだ言って、自分で稼ぐより稼ぐ男と一緒になったほうが、余裕があって幸せな気がするから。女として勝ち組みたいな」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「女の王道の人生を歩いているところがうらやましいから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

女性も働く時代と言いますが、男性との差は歴然です。だったら割り切って、「自分にしかできない仕事」を求めたくなるのかもしれませんね。

■家庭の香り

・「家族がほしい。社会にたとえ認められたと思っても、しょせんただの歯車にしかならない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「早く結婚して出産したいから」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

アラサー女子がどうしても意識してしまうのが、コレ。寿退社は、人生の新たなステージに向かうことを意味しているのかもしれませんね。「自分も……」と思う気持ち、よくわかります!

■お疲れ気味?

・「自分が今彼氏もいなくてひたすら働いているから。さすがにちょっと疲れたかなと思います」(32歳/その他/クリエイティブ職)
・「仕事をしないで、家で家事だけしていればいいなんて、のん気でうらやましいから」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

毎日お仕事お疲れ様です。少し疲れていて、現実逃避したい気持ちになっているのかもしれませんね。少しだけ休んだら、またちがった意見が生まれるのではないでしょうか。

では反対に、バリキャリウーマンを選んだ43.0%の女子の意見とは?

<「バリキャリウーマン」の方がうらやましい! と感じる女子の意見>

■カッコイイ!

・「男性と同じフィールドで仕事ができる女性は、とてもかっこいいと思うから」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「キャリアウーマンは誰もがなれるものではないから、なれる人がうらやましい」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「周囲にしっかり認められていて、かつ自由な感じがするところ。ただし、一番うらやましいのは、結婚したあとも自分のペースで働き続けられる人」(26歳/ソフトウェア/事務系専門職)

キャリアウーマンと言えば、仕事がデキる女性です! その姿に、純粋にあこがれる方も多いようです。バリキャリでさらに結婚もしている人、というのが本当の理想なのかもしれません。

■リスク回避

・「仕事ができる人って、結婚して万が一独り身になったときも身を立てられるから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

昨今の離婚率を考えると、「寿退社」すなわち「永遠の幸せ」とは言えません!? 先の先まで見据えて、リスク回避したい! と考える女子もいるようです。自分の手で稼ぐことができれば、安心感がちがいます!

寿退社にもバリキャリウーマンにも、メリットはあるもの。自分の人生で重視したいのはどちらなのか、一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。今後のビジョンも見えてくるのかも……?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]