お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

この子が彼女でよかった! 男性が「彼女に惚れ直した瞬間」3つ

ファナティック

彼女のことが大好きな気持ちはいつも持っているものの、ふとした瞬間に「この子でよかった!」と彼女に惚れ直してしまうことも男性たちにはあるようです。どんなときに、そう思うのか具体的なエピソードを聞いてみました。

■やさしく看病してくれた

・「体調に問題を抱えたときに気遣ってくれたとき。急に妙な状況になることもあるので、気付いてくれると助かる」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「風邪をひいたとき、たくさん食べられるように、何種類も雑炊を作ってくれた」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「病気のときに必ず看病に来てくれる」(32歳/機械・精密機器/技術職)

体調が悪いときには体だけでなく気持ちも弱っているので、彼女が看病に来てくれてやさしくしてくれると男性たちは本当にうれしいみたいです。特にひとり暮らしだと食事もままならないので、そういうときにササッと消化によさそうなものを作ってくれると彼女を見直してしまうようですね。

■親身になって悩みごとの相談に乗ってくれた

・「仕事で失敗をしたときに話を聞いてくれたし、励ましてくれたとき」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「自分の悩みを真剣に考えてくれたときによかったと思った」(27歳/情報・IT/技術職)

・「落ち込んでいたら支えてくれたとき」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

悩んでいるときや落ち込んでいるときに、親身になって話を聞いてくれたり励ましてくれたりする彼女がいると、男性も「がんばろう」という気になれるもの。自分のことをきちんとわかったうえでの、彼女からのアドバイスは男性にとってもありがたいでしょうね。

■料理が上手

・「料理がとにかくうまい。どんな残り物からでも絶品が出てくる」(35歳/機械・精密機器/営業職)

・「料理が上手。どんな冷蔵庫の残り物でも、料理を作るところ」(33歳/機械・精密機器/技術職)

・「かわいい服でデートにあらわれたり、おいしい料理を作ってくれたとき」(30歳/情報・IT/技術職)

料理が上手な女性というのは、結婚相手としても理想的。冷蔵庫の残り物でおいしい料理を作ってくれるような彼女なら結婚しても間違いなさそうですよね。

彼女と付き合っていてよかったと思う瞬間というのは、自分のことをきちんと考えてくれていると実感できるときのようですね。してもらいたいと思っていたことを何も言わずにやってくれるような彼女なら絶対に話したくないと彼に思ってもらえそうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2014年12月にWebアンケート。有効回答数101件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]