お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

信じられない……。女友だちの彼からアプローチを受けたこと、あるorない?⇒「○%:ある」

ファナティック

男性からアプローチされるのはうれしいけど、それが友だちの彼だったら、どんなにカッコいい人だったとしても素直に喜べないものですよね。友情を大切にするか、恋愛は自由と割り切るか悩むところでもありますが、女性たちは友だちの彼からアプローチを受けたらどう対応するのか調べてみました。

Q.女友だちの彼からアプローチを受けたことはありますか?

「ある」5.1%
「ない」94.9%

友だちの彼からアプローチを受けたことがある人は、それほど多くないという結果でしたが、少数ながらも経験者はいるようです。では、アプローチに対してどう対応したのかを具体的に聞いてみましょう。

■はっきり断った

・「『もうT子とは別れようと思ってるんだ。君のことが気になって仕方がない』と言われたけれど、私はそのとき付き合っていた彼のことが好きだったので、お断りした」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「その人のことは好きじゃなかったので困っていた」(28歳/機械・精密機器/専門職)

友だちの彼だからという理由以前に、自分に彼がいたり、その人のことを好きになれなかったりという理由で断ったという人や困惑したという人も。彼女の友だちに告白してくるような男性のことを好きになるのは難しいですよね。

■友情を優先した

・「もちろん断る、友だちに知られないように口止めした」(25歳/電機/専門職)
・「友だちに悪いので、とりあえず拒否をした」(31歳/建設・土木/専門職)

友だちのことが大事だから断るというだけでなく、自分に告白したことを彼女に言わないように口止めしたという女性も。確かに、彼が自分の仲のいい女友だちに告白したと知って、今まで通りの友だち関係を続けられる人は少なそうです。

■内緒で付き合った

・「友人に内緒で、しばらく交際し、別れたなど」(23歳/その他/専門職)
・「甘えるところは甘えさせてもらった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

その男性の魅力に負けたのか、友だちに内緒で付き合ったという女性もいるようです。すぐに別れたとはいえ、友だちにバレたら友情が壊れることまちがいなさそうな気がします……。

友だちの彼からアプローチを受けたという女性自体はそれほど多くはありませんが、「アプローチを受けても断る」という女性が多いのにひと安心といったところです。女友だちのことを思うと、「彼女の友だちだと知っていて告白するような男性が彼でもいいの?」と説得してあげたくなる気もしますが、それは最後の最終手段として残しておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数236件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]