お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

コレだけは許して! 男性がお金をつぎ込みたいモノ3選「フットサル。毎月2万~3万円」

ファナティック

人間、誰にでも「これだけは譲れない!」というこだわりがあるものです。それが趣味などで多額の費用がかかるものであることも……。稼いだお金がいつの間にか飛んでいってしまう、それでも後悔は絶対しない! と思えるほどつぎ込みたいものがある人は、ある意味幸せなのかもしれません。

Q.「コレだけは、どうしてもお金をかけてしまう」という趣味・もの・イベントはありますか?

ある 22.6%
ない 77.4%

3割弱の男性が、どうしてもお金をかけてしまうものが「ある」とのこと。具体的にどんなものにどれくらい、つぎ込んでいるのでしょうか?

■男性に多い「乗り物好き」

・「自動車。維持費用と新車を購入する資金としてに月に3万円予算を組んでいる」(31歳/商社・卸/事務系専門職)
・「ドライブ。ガソリン代に約2万かけています。また冬季はスキーに行くので、1回あたり1万~2万程度はかかっています」(32歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)
・「鉄道。月に2万ぐらい」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自動車は購入費用はもちろん、維持費もかかる乗り物です。特に維持費は購入時よりも自動車が古くなればなるほどかかるという、金食い虫の名がふさわしい乗り物と言えるでしょう。それでも男性は、ミニカーやおもちゃの鉄道で遊んでいた年齢から、乗り物が大好きなのです。

■男は「電気モノ」も好き

・「ゲーム、DVDはどうしても譲れないです。ほぼ毎日、没頭している」(23歳/機械・精密機器/その他)
・「パソコン本体。安いものを買って損したくないから、それなりに動くものがほしい」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「パソコン。仕事に趣味にとお世話になりっぱなしの為、ある程度の性能を要求することもあって、そこそこ以上の価格帯にはなってしまう。頻繁に買う必要がないのは救い」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

パソコンやAV機器はもう、トイレットペーパーレベルの生活必需品と言えそうです。「これがないと生きていけない!」という男性は多いことでしょう。

■人とのつながりも大切

・「後輩との飲み会。5万くらい。つながりは大事にしたい」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「記念日の食事やホテル。毎月ではないので毎月かけているわけではない」(26歳/生保・損保/事務系専門職)
・「フットサル。毎月2万~3万円使っています」(35歳/機械・精密機器/営業職)

女性同士の付き合いの代表として「女子会」がありますが、男性にとっても人とのつながりが大事なようです。また、自身のプライドや出世にも関係する場合もあるので、男同士の付き合いは、女性のそれよりもさらにお金がかかりそう。

「こんなものに、そんなにお金をかけるの?」っと思ってしまうこともありますが、女性のメイク用品と同レベルと思えばいいのかも? 男性にとっては、それくらい、なくてなならないもののようです。彼氏のお金の使いどころでケンカにならないようにも、参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数115件(22歳~39歳の社会人男性)。

お役立ち情報[PR]