お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

1本100円から注文OKの“2度漬け禁止”の大阪串かつ専門店・新大久保『てん家わん屋』

新鮮なこだわり素材をカラリとした衣に閉じこめた串かつが低価格で味わえる

●1本100円からオーダー可の大阪串かつ
韓流の街・新大久保で2009年5月のオープン以来、大阪流の“2度漬け禁止”スタイルの串かつで、ビジネスマンから若いカップルまで幅広い客層から支持されている店。

【都内でも珍しい熱々ホットサンドの専門店、中延「メイプル」】

人気の理由は、1本100円からオーダー可能な庶民的なスタイルと低価格なのに素材にこだわったコストパフォーマンスのよさ。

「安かろう悪かろうでお客さんをガッカリさせるわけにはいかない」とネタにこだわりをみせる店主の岩瀬禎之は、魚介でも野菜でも旬の新鮮なものを目利きして選ぶ。たとえば、シイタケも肉厚で食べ応えのあるものでレンコンも身の詰まった食感のいいものをという具合にだ。

「原価がかかっても串1本で数円といったところ。100円串だからこんなものか、とお客さんに思われたくないですからね」(岩瀬店主)と料理人気質をみせる。

●ネタへのこだわり、充実の創作メニューも
基本となる100円串は肉、野菜、魚介などで30種類以上。とことん安くすませるため100円串だけをオーダーしても飽きのこないバリエーションだ。

粗めのパン粉で歯応えよくカラリと揚げられた串かつをくぐらせるソースも、酒やみりんで調整し、各種野菜を煮込んでコクを際立たせたオリジナルのウスターソース。さっぱりと切れよく胃もたれしないので、串かつにたっぷりと含ませて何本も平らげても安心。

シンプルな100円串以外にも、旬の素材を扱った串やスタッフからもアイデアを募った創作串も充実。特に、はちみつをかけて食べる「カマンベールチーズ」150円は女性客に人気。また、味付けしてよく練った上で型にはめて冷凍して衣を打って揚げた「納豆の串かつ」100円も大ヒット商品に。

「一度に何本も注文をいただいても、カウンター越しにお客さん様子に気を配りながら串かつを揚げています」(岩瀬店主)というように、こちらの進み具合をみながら常に揚立てを提供するようにしているのも同店の素晴らしいところ。

20本食べきっても2400円だが、満足したところでストップをかけてOKというユニークなおまかせメニューもあり、顧客本位のサービス精神にも頭の下がる店だ。

【店舗データ】
店名:大阪串かつ てん家わん屋
所在地:東京都新宿区百人町1-14-3 ローレルビル1F
営業時間:17:00~翌1:30(日・祝~23:30)
定休日:なし
HP:http://www.tenyawanya.info/

【その他メニュー名 価格】
・牛、豚、ひなどり等100円
・エビ、するめいか、背黒いわし等100円
・なす、れんこん、しいたけ等100円
・生ビール390円、サワー290円~、ワイン400円
※価格はすべて税別

お役立ち情報[PR]