お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ママやおばあちゃんとも!新しい旅のスタイル世代差女子旅を楽しむポイント

友達とワイワイ楽しむ海外旅行、女子旅が恒例行事になっている人も多いですよね。同じ女子旅といっても、ママやおばあちゃんなど世代差のあるメンバー同士の女子旅は、これから機会が増えそうな注目の旅スタイル。今回は、世代差女子旅を成功させるポイントをご紹介します。

【せっかくの旅行でソンしないための11か条「旅行の早すぎる予約は×」】

●ホテルはケチらない。

友達同士の旅行だと、日中はほとんど部屋にいないからとホテル代を抑えるケースはよくあることです。しかし、シルバー世代との旅の際にホテル代をケチるのは禁物です。

どんなホテルに泊まるのかな?と楽しみにしていることもありますが、1箇所ずつの滞在時間が短い観光スポットよりも宿泊したホテルの印象が強く頭に残るものなのです。

超高級にこだわる必要はありませんが、ある程度のランクは確保するようにしましょう。
長時間のフライトを終えてホテルに着いたらボロボロ...なんて、友達同士では笑えるシチュエーションでも世代差女子旅では避けたいところ。

安全面を考慮してもホテル選びは慎重に行いましょう。

●街歩きし過ぎるツアーは避ける。

旅のメインである観光ツアーで気を付けたいポイントは、”体力レベル”と”乗り降り頻度”の2つです。

ローマのように狭いエリアに観光スポットが点在する都市では、ガイドさんと一緒に街歩きを楽しむツアーが多いのですが、これが意外なクセモノなんです。

せっかくだからと観光スポットが沢山盛り込まれたツアーを選びがちですが、多すぎて疲れてしまうこともしばしば。

出発地点と解散地点が異なる場合だと、途中リタイヤも出来ずに辛い思いをしてしまいます。

街歩きし過ぎるツアーには注意しましょう。また、バスでまわるツアーの際もやたらと乗り降りが多いものは避けたほうがベターです。

歩いて座っての繰り返しは煩わしく、また降りるの~とゲンナリしてしまいます。時間に追われることなく、カフェでゆっくり寛ぐ時間が取れる位の余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

●出来ればビジネスクラスを利用する。

世代を問わず長距離のフライトは疲れるものですが、特にシルバー世代のメンバーとの海外旅行の際はビジネスクラスを利用することをお勧めします。

トイレの問題もありますが、狭いエコノミーの座席でほとんど眠れず到着時にはヘトヘト...というケースも多いのです。

疲労感を抱えたまま観光しても楽しくありませんし、体にも良くありません。たまにしかない機会です、ここは思い切ってビジネスクラスで行ってしまいましょう。

便数が多いハワイ線はリーズナブルなビジネスクラスが多くておススメです。

いかがでしたか?

世代差があるからこそ楽しい新スタイルの女子旅。ママの日、おばあちゃんの日など日ごとにテーマを変えてまわるのもおススメです。

みんなで素敵な思い出を作ってくださいね。

お役立ち情報[PR]